尾鷲市議会 生活文教常任委員会管外視察   

第1日掛川市
掛川は、戦国の世、東海道の東西交通の要衝として重要な戦略拠点。
山内一豊と、内助の功で知られるその妻千代ゆかりの掛川城。
いま、人口76,893人の町。
d0115628_96641.jpg

その町の
市民啓発型廃棄物処理施設「環境資源ギャラリー」 
                 事業主体   掛川市・菊川市衛生施設組合
d0115628_1275472.jpg

この施設は、循環型社会の形成を目指した4R(リフューズ・リデューズ・リュース・リサイクル)を推進するため、施設機能の一つに市民への4R啓発を織り込み、環境、資源に関する啓発・学習・情報発信の中枢とし、環境に優しい人を育てる施設とすべく」、「環境資源ギャラリー」と名づけている。
①燃えないゴミから再利用可能な資源物を回収する
  「リサイクルプラザ施設」   30t/5h
②燃えるゴミを燃料に変えエネルギーや有効利用可能な資材を作り出す
  「ガス化溶融施設」 70t/日 2炉
③容器、包装を通して環境問題を楽しく学び体験できる施設
  「容器包装博物館」
の 三つの施設が併設されています。
事業費 7,472,201千円   国庫補助金 1,307,710千円
                     起債      5,280,200千円
                     一般財源     884,291千円
この施設の特徴の一つ「容器包装博物館」
d0115628_1245673.jpg 生活ゴミの約6割を占めるといわれる「容器・包装」に焦点をあてて、身近にある環境問題の学習と素材・形状の変遷や歴史といった容器包装の文化的魅力に迫るものとしている。

 エリアへの入り口

d0115628_1227869.jpg 容器包装エリア①

 自然界にあるものを整理し、利用者の代表としてヤドカリを飼育し展示。



d0115628_12303612.jpg 容器包装エリア②

 原始から現代に至る文明の変遷とともに発達してきた容器包装の歴史を学ぶ。



d0115628_1234146.jpg 気づきと行動エリア


 リサイクル品で模擬した家で、ちりばめられた環境に優しくできるヒントを確認する。


 小学生からお年寄りまで環境問題について学習できる施設として感しっが高まっている施設である。

第2日伊東市
d0115628_12454099.jpg

市立伊東市民病院
   昭和14年12月 傷痍軍人伊東温泉療養所として創設
   昭和20年12月 国立伊東温泉療養所として発足
   昭和25年 4月 国立病院に転換し、国立伊東温泉病院となる。
   平成13年 3月 市立伊東市民病院として新たに開院
d0115628_13374444.jpg

・病床数 250床   
・一日平均入院患者数 約180名  ・一日平均外来患者数 約530名 
・医師数 常勤37.5人  派遣2人  非常勤1.3人   合計40.8人

平成17年3月 指定管理者制度を導入。
平成18年4月1日から平成23年3月31日までの期間で社団法人地域医療振興協会を指定管理者に」指定。


第3日東京都世田谷区
d0115628_13593318.jpg

さすがに東京
世田谷区の人口 817,069人  高齢化率 17.30%
一般会計予算規模  2148億円強

世田谷区の教育ビジョンが目指す5つの施策と行動計画
Ⅰ.地域とともに子どもを育てる教育
  ①地域教育基盤の整備
  ②「地域運営学校」の整備 
  ③学校外部評価制度の推進
  ④勤労観・職業観を育てるキャリア教育の推進
  ⑤区内大学との連携
Ⅱ.未来を担う子どもを育てる教育
  ①日本語教育特区による教科「日本語」の実施
  ②道徳教育・情操教育の推進
  ③夏季休業中の授業日の設定
  ④特別支援教育の推進
  ⑤幼児期にふさわしい教育の推進
Ⅲ.信頼と誇りのもてる学校づくり
  ①せたがや教員塾の創設
  ②学校経営塾の創設
Ⅳ.教育環境の整備
  ①学校適正配置等の推進
  ②新しい学校改築の方針 
  ③学校施設安全性の向上
Ⅴ.教育委員会の改革
  ①開かれた教育委員会の推進
  ②新しい教育制度への対応

 この中で、特に「地域運営学校」の取り組みが特色のある取り組みとして注目を集めている。
d0115628_14341734.jpg

平成16年6月に「地教行法」の一部が改正されて学校運営協議会の設置が制度化された。
「コミュニティスクール」とは、それに指定される学校の一般名称である。
世田谷区では「地域運営学校」と呼んでいる。
 地域運営学校には、校長の学校経営方針の承認に権限を持つ学校運営委員会がつくられ、年間6回以上の開催が義務ずけられている。
 現在、区内では小学校64校中12校、中学校では31校中5校が指定されている。
指定は、完全公募制をとっており、地域とのかかわり方の現状や、校長の地域運営学校への意欲などが勘案されて指定が行われることになる。
 実施が行われてから2年しか経過しておらず、成果についてはこれからである。
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-05-25 09:41 | 市政だより

生活文教常任委員会で管外行政視察   

5月22日から2泊3日で管外視察に出かけます。日程と視察対象は、

◆【第1日目】 5月22日(火) 掛川市・菊川市衛生施設組合
                    ・ガス化溶融施設組合
◆【第2日目】 5月23日(水) 伊東市民病院
                    ・経営内容と医師・看護師の確保
◆【第3日目】 5月24日(木) 東京都世田谷区
                    ・コミュニティスクールについて
です。

◆視察人員  委員長  三鬼孝之
         副委員長 浜中佳芳子
         委員    内山鉄芳  奥田尚佳 高村泰徳 與谷公孝 
                北村道生 中垣克朗

         同行    大倉良繁(病院総務課長) 
                児玉佳高(クリンクルセンター長)
         随行    山本和夫(議会事務局次長)
                大倉三季(議会事務局書記)
 
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-05-21 19:54 | 市政だより

管内視察を行いました   

生活文教常任委員会の管内学校視察が行われました。
市内中学校3校が対象です。

参加者は 三鬼孝之委員長、浜中佳芳子副委員長、奥田尚佳委員、中垣克朗委員、
       内山鉄芳委員、高村泰徳委員、北村道生委員、それに事務局、教育委員
会から各1名の9名です。

視察日程は 14日 午前 輪内中学校
             午後 九鬼中学校と尾鷲中学校

今回の視察は、全校生徒数6名という極小規模校、生徒数64名の中規模校、
生徒数509名の大規模校という特徴的な3校の視察になりました。
大規模校の尾鷲中学校は放課後の時間帯になったため従業参観は出来ま
せんでしたが、輪内中学校と九鬼中学校は参観しました。

二つの授業風景から「せつなさ」と「怖さ」を同時に感じました。
しかし、それぞれの学校の特徴を活かし、独自の教育活動を展開しながら子
どもたちに「生きる力」を育もうと努力している教師集団の実践にもふれた良
い視察になりました。

尾鷲中学校では、取り壊しが予定されている第1棟校舎も視察しましたが、そ
れはひどいもので、早急に対応すべきです。
雨漏りもひどい尾鷲中学校の第1棟校舎と天井

d0115628_8575493.jpg

d0115628_8582252.jpg

[PR]

# by syunsukem1m | 2007-05-15 08:58 | 市政だより

GW後半 スタート   

 向井 「物販センター」 たくさんの人出
 GWも後半に入りました。28日にオープンした「物販センター」、前半のにぎわいを保って大勢の人が出かけていました。
 午前中は出足が悪く心配しましたが、良い天気にも恵まれ、昼前から続々と人が訪れていました。
 
 縁日タイプの出店も
 
 磯を再現した、「磯の生物タッチプール」も設けられ子どもたちの人気をあつめていました。
 
d0115628_18381952.jpg

矢の浜太鼓も総出演で応援
 
d0115628_13214511.jpg

 「お母さんの料理店」も大人気
 
d0115628_1323898.jpg

 GWがおわった後の集客がどうなるか?
 イベントの企画が鍵をにぎりそう。
 ちなみに、真下の黒の浜の潮干狩りも相当な人出になっていました。
 
d0115628_13251422.jpg

[PR]

# by syunsukem1m | 2007-05-03 18:39 | お祭り・イベント

紀北地区メーデーに参加しました。   

 5月1日に行われた紀北地区メーデーに参加しました。
 あいにくの雨で尾鷲中央公民館三階講堂での屋内集会となり、少し盛り上がりにかけましたが、尾鷲市職員組合、むろ医療生協、年金者組合むろ支部、紀北平和委員会、新日本婦人の会、国労尾鷲駅班、日本共産党南部地区委員会の7団体より約100人が参加しました。
 
d0115628_2059168.jpg

 参加団体のプラカードの審査も行われ、市職労水産農林分会の作品「戦争超!反対」が最優秀賞にえらばれました。
d0115628_2134565.jpg

[PR]

# by syunsukem1m | 2007-05-01 21:04 | 活動日記

後期高齢者保険制度  来年4月開始   

75歳超から保険料月平均6200円

・自公の法改悪で対象は1300万人
 後期高齢者医療制度は自民、公明の両党が昨年強行成立させた医療改悪法の大きな柱です。75歳以上は、現在加入している国民健康保険や組合健保などから脱退して、後期高齢者だけを対象にした新しい医療保険制度に入ります。厚労省は、約1300万人が対象になると推定しています。
 新制度では、現在、子どもの健康保険などの扶養家族になっていて保険料負担がない人を含めて、75歳以上の全ての高齢者が保険料を払うことになります。
 保険料の額は、都道府県ごとに決められますが、厚労省は一人当たり平均で月額6200円(年間7万4千円)になると試算しています。(扶養されていた人は、2年間限定で月平均1500円の措置)

・年金から天引き 保険証取り上げ
 年金を月15000円以上受けている人は、保険料が年金から「天引き」されます。厚労省は、75歳以上の8割程度が点引きの対象になると見込んでいます。介護保険料(平均で月4090円)と合わせて、毎月平均10000円を超える保険料が、年金から引かれてしまうことになるのです。
 重大なのは、保険料が払えない高齢者に対する保険証取り上げと資格証明書の発行を法律に明記したことです。資格証明書が発行されると、窓口で十割負担をしなければなりません。これまで75歳以上の人には発行していなかったものを、「公平性の確保」を理由に改悪しました。

・70~74歳の負担 1割から2割に
 65~74歳の高齢者は、いままでどおり現役世代と同じ医療保険に加入します。
 ただし、国保に加入している65歳以上の高齢者世帯は、08年度4月以降は国保料が年金から天引きされます。「保険料の納付率の向上が期待できる」(厚労省)と言う狙いです。
 さらに70~74歳は、病院窓口での支払いが08年4月以降、現行の一割負担から二割負担に上がります。「現役並み所得」(夫婦二人世帯で年収520万円以上)の人は三割負担です。
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-04-30 21:04 | 国政だより

おわせ   

 尾鷲市向井の地域振興ゾーン「夢古道おわせ」に完成した地場特産品情報交流センターが竣工し、28日にオープンしました。 
d0115628_1441552.jpg


 オープン初日には、午後3時から眺望が開けた尾鷲湾をバックに餅まきも行われ、大勢の人たちの祝福を受けました。 
d0115628_14123135.jpg

 6日までの大型連休に合わせたオープン記念イベント
  ・1日 オリンピック体操強化コーチの末松芳子さん
      午前10時30分~
      午後 1時30分~の2回健康体操の実演指導
  ・2日 同じ時間帯で 前畑克巳さんの太極拳の実演指導
  ・3~6日の4日間は、
         子どもを対象にした「キッズワールド」と題した無料イベント
  ・3日 「魚」をテーマに、
         イソギンチャクやヤドカリなどを入れ磯を再現したタッチプール
  ・4日 「木」をテーマにヒノキ端材を使った木工教室
  ・5日 「モチ」をテーマに子ども餅つき大会
  ・6日 「粘土」をテーマに粘土作品づくり      
  ※ いずれも午前10時から
  ※ 4日間とも毎日午前9時から子ども縁日で駄菓子や射的コーナーも出る。

  ※ 展示休憩棟でのランチバイキングは午前11時から午後2時まで
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-04-30 14:04 | お祭り・イベント

管内視察   

生活文教常任委員会の管内視察が行われました。
市内の小学校8校が対象です。

参加者は、三鬼孝之委員長、浜中佳芳子副委員長、與谷公孝委員、奥田尚佳委員、中垣克朗委員、内山鉄芳委員、高村泰徳委員、北村道生委員、それに議会事務局と教育委員会から各一名の計10名です。

視察日程 19日 矢の浜小学校、向井小学校、尾鷲小学校、宮ノ上小学校
       20日 賀田小学校、 三木里小学校、三木小学校、九鬼小学校

新年度がスタート下ばかりで、まだまだ確かな取り組みが確立できていない時期の視察だけに受け入れる学校としても大変だったと思います。にもかかわらず、全ての学校での校長の学校経営に対する説明は、自信にあふれる語り口で、今年度のスタートに当たっての各学校の教師集団の意気込みを強く感じさせる視察になりました。

それにしても、児童数の激減しているのには本当に驚きました。

8校の小学校のうち、5校が複式学級をかかえ、しかもそのうちの3校が完全複式になっていました。地域の学校の大変さをいまさらながら感じた視察でした。

近い将来、さらなる学校統廃合の議論が出てくるであろうことも気にかかるところですが、教育的観点からの真剣な議論が必要であろうと考えさせられることになりました。 
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-04-20 20:25 | 活動日記

会議がありました。   

 昨日午後1時から、地域振興対策特別委員会と全員協議会がありました。
 
 特別委員会では、今月28日グランドオープンします地域振興ゾーンの地場特産品情報交流センター、いわゆる「夢古道おわせ」等に関する案件で、施設上段に位置します駐車場を急遽、舗装整備したいと言うことでした。当然施策的に予算処置をしていないものでしたので、委員より議論が多く出ましたが、施策遂行に対する指摘については行政側も謙虚に詫びるものでしたが、ユニバーサルなサービスを考えると必要性もあるとの意見も多く、活性化への期待のなかで施策を認めざるを得ないような状況でした。
 予算措置については流用が可能であっても、この整備施策の進め方の手順としては、承知致しかねるようないささか問題がある報告でした。
 
 全員協議会では、尾鷲市水道水源保護条例のなかで審議会がもたれ、水源保護地域が4月13日付で指定され告示されたことの報告でした。地域の指定図面等については、水道部で閲覧できますので必要な方は行っていただきたいと思います。
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-04-17 09:14 | 活動日記

尾鷲市に関連するサイト   

尾鷲市に関連するblog&h/pです。

◆尾鷲市

 ■尾鷲市ホームページ
  タイトル:尾鷲へようこそ
  URL:http://www.city.owase.mie.jp/

 ■尾鷲市議会
  タイトル:市議会ガイド
  URL:http://www.city.owase.mie.jp/gikai/guide.html

 ■尾鷲市国際交流協会
  タイトル:尾鷲市国際協会へようこそ
  URL:http://www.ztv.ne.jp/he97fi0e/oiea_hp/index.htm

 ■尾鷲市動く津波ハザ-ドマップ公開サイト
  タイトル:尾鷲市動く津波ハザ-ドマップ
  URL:http://dsel.ce.gunma-u.ac.jp/simulator/owase/

◆まちづくりプロデュースセンタ-

 ■まちかどHOTセンタ-
  タイトル:今日のHOTセンタ-
  URL:http://www.enpitu.ne.jp/usr10/105807/diary.html 

 ■イベントあれこれ
  タイトル:イベント情報   
  URL:http://www.city.owase.mie.jp/event/index.html

 ■ふるさと物産紹介
  タイトル:尾鷲づくし
  URL:http://www.ztv.ne.jp/owase-bs/

 ■尾鷲の旅
  タイトル:尾鷲の旅ガイド インデックス
  URL:http://www.city.owase.mie.jp/welcome/access-top.html
  タイトル:尾鷲の旅ガイド 宿泊施設情報
  URL:http://www.city.owase.mie.jp/welcome/syukuhaku.html
  
 ■世界遺産
  タイトル:熊野古道
  URL:http://www.city.owase.mie.jp/kodou/index.html
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-04-12 21:57 | 活動日記

はじめまして・・・   

 本日よりブログを始めることとしました。することなす事が未知の経験ですので周りの方々のアドバイスをお願いする次第です。
先ずは、事始め記念と言うことで・・・
d0115628_21265853.jpg
馬越峠から、天狗倉山の尾根伝いを東側に進みますとオチョボ岩があります。そこからからは尾鷲湾や紀北町(旧海山町)を眺望でき絶景です。
[PR]

# by syunsukem1m | 2007-04-12 21:31