<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

尾鷲市議会が市長不信任決議案を可決   

 20日、尾鷲市議会第一回臨時会に市長に対する不信任決議案が提出されました。

1月22日、奥田尾鷲市長による税理士法違反が発覚し、議会をはじめ市民からの糾弾が続いてきましたが、3月12日略式とはいえ罰金刑50万円の有罪が確定しても、なお辞職の前例がないと市長の座にとどまり続けている奥田市長に対して、市議有志による不信任決議案が突きつけられたのです。

 即刻、記名投票による採決が行われ、事前の予想を大きく覆し、賛成14,反対1の大差で可決されました。

 これにより、以後議会解散か市長の失職かの判断が市長に委ねられることになりましたが、これまでの市長の言動からして、議会解散の道を選択するであろうと推測できます。しかし、よくよく考えてほしいものです。

 この不信任決議が可決されたことによって、早いか遅いかの別があっても、市長の失職は確定的ななったわけであります。したがって、市長選挙が必ず行われることになります。この事態を迎えて、誰が考えても市政の停滞を少なくすること、そして苦しい財政の中から2,400万円もの不要の支出を防ぐ上からも即時の市長選挙を選択することこそが正しい道だと考えるのです。

 賛成14,反対1。悪あがきは品位を落とすだけです。

More不信任決議案はこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2009-04-20 16:22 | 市政だより

曽根町城山公園でツツジ祭りが行われました   

オンツツジの群生地、曽根町の城山公園で19日「浄の城ツツジ祭」が行われました。雲一つ無い晴天に恵まれ朝早くから多くの人が訪れ大賑わいでした。私も3年生になる孫を連れて出かけてみました。
d0115628_16423335.jpg

d0115628_16431322.jpgd0115628_16434363.jpg
 今年は、賀田駅にワイドビューの臨時停車することもあり、新たなイベントや出店も用意していました。イベントは宝探しやダーツなどのゲームのほか、ロックジャムの尾鷲寄せ太鼓、輪内キッズの踊りなどが披露されました。
d0115628_16521727.jpgd0115628_16525445.jpg


d0115628_16565290.jpgd0115628_1658588.jpg

 この「浄の城ツツジ祭」は、紀勢本線全線開通50周年キャンペーン事業としてJR東海では名古屋近郊のJR駅で5千部ものチラシを配ったそうで、その効果か、10時48分、賀田駅に臨時停車したワイドビューからは50人ほどの観光客が下車したそうです。
 天候に恵まれ大成功でした。関係者の方々ご苦労さまでした。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-04-19 17:10 | お祭り・イベント

第一回臨時会が開かれます    

 20日(日)、平成21年第一回臨時会が開かれます。

執行部の提出議案は
 議案第28号 平成21年度尾鷲市一般会計補正予算(第1号)の議決について
の他、報告第2号から第6号までの6議案です。

 補正予算は、1,300万円の定額給付金関連の「新つばき振興券事業補助金」が中心で、これについては全会一致で可決されることになると考えられます。

 市長がこれまで述べてきた税理士法違反事件に対する自らの給与減額の議案は先送りにされるようです。


 ところが、市長に対する不信任決議案が提出されるという事態になりました。

 議員一人一人の態度が求められます。私は、不信任決議案が提出されたら不信任案に賛成致します。
 しかし、不信任案に賛成しながらにも、どうしてもすっきりしない点が残るのです。私は一般質問でもとめたのは、順法の先頭に立たなければならない政治家が、たとえ不注意からだとはいえ法律を犯してしまった責任をとって自ら辞任をすることを求めるものでした。政治倫理上当然そく辞職して市民に信を問うのがあるべき姿です。
 市長の犯した犯罪で議会が解散させられるなどということはあってはならないことだと思っています。議員には市長を辞職させる一切の権限は与えてられないのです。確かに、市長不信任決議案の提出の権利は保障されています。しかし、この権利の行使は市長と議会との政策面で対立をしたときを想定した場合であって、今回のように市長自らの犯罪によってその倫理観が問われる場合にはなじまないものなのです。
 それでも、市長の辞任に期待をかけてる市民の方々のなかには、「議員は何しとる。解散が怖くて、不信任決議案も出すこと出きんのか」と議会への非難も高まってきていることも承知しています。
 不信任決議案が可決されれば、市長は10日以内に議会を解散致します。40日以内に市議会の選挙が行われます。ここで少し考えましょう。市議会選挙の争点はどうなりますか。本来、市長との政策の対立で市長に解散権を行使され解散した選挙であるなら、市長の提示する政策と議会の提示する政策のどちらを支持するかの選択選挙になるわけです。したがってこの種の解散選挙は一般の議会選挙と性格を異にする選挙のはずです。
 にもかかわらず、今回の選挙は自らの脱法行為にかかわる不信任決議にもかかわらず解散権の乱用ともいうべき議会解散選挙ですから対立する政策がない事になります。
 勿論、一般選挙のように議員一人一人の公約で選挙をすればいいではないか、と言われるかたもあると思います。そうなると市長は左団扇です。とはいえ、新しい議会での再度の不信任決議案が残ってはいますが。
 再度言いますが、何も問題のない議会が、犯罪を犯した市長に解散される事の理不尽さが納得できないので不信任案の提出者にはなりませんが、市長不信任決議案が提出されたら賛成致します。
 そして、不信任決議案が可決されたときは、2,400万円もの不要の選挙費用がいる議会解散などの選択ではなくて、市長辞任の選択をして、市長選挙で市民の信を問うことを選択すべきだと強く進言致します。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-04-19 00:22 | 市政だより

尾鷲神社招魂祭に参列しました   

 16日、尾鷲神社の招魂社において、平成21年招魂祭が催行されました。私も遺族として招待を受け参列させて頂きました。
d0115628_2025080.jpgd0115628_2032064.jpg
  この招魂社は、平成7年まで尾鷲市社会福祉協議会が市体育館で行っていた招魂祭を戦後50年の区切りで戦没者追悼式に切り替えたのを期に、平成12年に有志の方々の浄財で尾鷲神社の境内に建立され、翌13年より尾鷲神社主催で招魂祭が催行されているものです。
d0115628_206151.jpg

合祀されている御霊は1447柱で、その中に私の父も含まれています。父の享年の二倍も生きている自分を思い、父の無念と平和な世界に生き続けている事の幸せをかみしめ、いついつまでもの平和を祈りました。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-04-16 20:10 | お祭り・イベント

鈴鹿市で志位委員長の演説会    

 5日、鈴鹿市の市民会館で日本共産党の志位委員長の演説会があり、聞きに行ってきました。
d0115628_8371332.jpgd0115628_8375843.jpg
 市民会館の会場は、ロビーに溢れる参加者であふれていました。
 志位委員長は、演説で「政治とカネ」「くらし」「外交」の問題に正面から切り込み、打開の方向を示しました。
この中で社会保障の問題では、切り捨てから拡充に転換する三つの点
①社会的弱者を排除する異常事態をなくす。
②社会保障の原則を「応益負担」から「応能負担」に変える。
③年2千200億円の社会保障費削減路線の中止、拡充への転換。
を提起しました。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-04-06 08:43 | 国政だより

花見をしました   

 3日の土曜日、玄工山に花見に行きました。
 今にも雨が降ったきそうな空模様でしたが、それでも多くの市民が花見に来ていました。
d0115628_19252989.jpg

 幸いにも、一時ぽつりぽつりときかけましたが、3時頃まで持ちこたえてくれて、満開の桜に満足した花見になりました。
 その後本降りの雨になり、満開の桜が散ってしまうのではと気掛かりです。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-04-04 19:25 | お祭り・イベント