<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

 4月から介護保険の認定方法が変わります   

 4月から、介護保険のサービスを受けるのに必要な要介護認定の方式が大きく変わります。要介護度が引き下げられ、サービスが減らされる―。不安と批判が広がります。

 介護保険を利用するには、まず要介護認定を受けます。要介護認定には、1次判定と2次判定があります。

 1次判定は、自治体職員などの判定調査員が高齢者を訪ね、82項目にわたって本人や家族から聞き取り、それをコンピューターに入力し判定します。介護の必要度は、要支援1,2、要介護1~5の7段階で判定します。

 2次判定は、医師、看護師、保健師、介護職など専門家でつくる介護認定審査会で行います。

 主治医の意見書や認定調査員の特記事項のほか、過去の類似例などの統計資料も参考にして、1次判定が妥当かどうかを判断。最終的な要介護度が決まります。

 今回の見直し案では、1次判定の調査項目が82から74に減らされます。また、認定調査員の指針となるテキストも改定されます。2次判定でも、これまで1次判定を変更する際に活用してきた、似た状態像の事例集などの資料もなくします。

 全日本民主医療機関連合会が2月に、4月からの新方式について具体的な事例で検証したところ、12人の利用者のうち9人の要介護度が下がったという結果が出ています。

 今回の要介護認定方式の変更で、状態が変わらないのに要介護度を下げれば、必要な介護サービスが受けられなくなります。そして、ますます現実とかけ離れた認定結果になり、「介護の社会化」という介護保険の建前との矛盾をいっそう強めることになります。

 要介護認定制度と介護保険制度は、国民の主体的な運動によって真の社会保障制度へと変えていかなければなりません。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-03-22 11:18 | 国政だより

後期医療 保険証取り上げ国が点検   

 後期高齢者医療制度では、特別な事情もなく保険料を一年間滞納した場合、保険証を取り上げ、資格証明書を発行することになっています。
 後期高齢者医療制度の導入以前は、75歳以上の高齢者は保険証取り上げの対象ではありませんでした。 同制度で後期高齢者を保険証取り上げの対象者としたことに強い批判が起き、国は、昨年、「高齢者医療の円滑な運営のための負担の軽減について」の中で、資格証明書の発行は「相当な収入があるにもかかわらず保険料を納めない悪質な者」に限るとの方針を示してきました。
 厚労省はこのほど、資格証明書を発行する場合には、あらかじめ国に報告を求める通知を書面を示して各都道府県の後期高齢者医療広域連合に出しました。今回の通知は、昨年来の方針をふまえて、機械的な判断で保険証を取り上げることのないよう厚労省がチェックする趣旨で出されたもので、世論と運動の反映と言えます。
 尾鷲市では12月の定例議会で、4月に後期高齢者医療制度が発足してから12月までに保険料の滞納者は15%にも上っていることが明らかにされました。この数は、全国平均8%の2倍に近い数です。この4月には制度発足1年が経過し、8月には1回目の更新が行われることになります。この更新に当たっては、資格証明書の発行に至らないようなきめ細かな対応で、後期高齢者が無保険にならないようにすることが求められます。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-03-16 19:53 | 国政だより

二つの卒業式に出席しました   

 3月10日、市内中学校の卒業式が一斉に行われました。
 私は、2校の卒業式に出席させていただきました。

 9時からは尾鷲中学校第62回卒業式。
d0115628_2120401.jpg
 尾鷲中学校は私の母校で、私はその第1回卒業生です。ですから私にとっては62年ぶりの卒業式への出席と言うことになります。
 卒業生の人数は、5クラス、169人。過去に12クラスを数えた頃を考えると、生徒数の減少は寂しい限りです。しかし、一人一人の生徒の姿は少しも変わっていませんでした。喜びを素直に表し、精一杯卒業式を創り上げていました。
 卒業式はいつも晴れがましさとチョッピリせつなさを持ち合わせており、私も、62年前の感情を思い起こされる卒業式でした。

 午後1時30分からは九鬼中学校の第62回卒業式。
d0115628_21235995.jpg
 九鬼中学校は、ここ2・3年は学校統廃合の課題に直面し、学校・PTA・地域そして生徒も一緒になって学校存続のための運動を展開してきた経過がありますが、時代のすう勢には勝てず、今年度限りで閉校することになっています。
 卒業生は5名。在校生はおらず、卒業生だけの卒業式です。
 昭和22年学校創立以来2170名の生徒を送り出してきた九鬼中学校。
 最後の卒業式になりました。
 過去に幾多の戦績を残してきたソフトテニス部を育んできたテニスコートが3面、運動場に寂しそうにネットをたらしていました。。
 また一つ、地域から学校が消えていきます。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-03-10 21:29 | 活動日記

定額給付金の支給に賛成します   

 本日、尾鷲市議会全員協議会で定額給付金を含む補正予算が追加議案で示されました。
 尾鷲市の定額給付金の総額は、3億4834万円です。
 支給対象基準日は2月1日で、それ以後死亡した人も支給対象になります。受給対象者数は2万1795人です。事務手続きは、4月20日過ぎに各世帯に申請書を送付し、給付金の支給は5月下旬になりそうです。

 日本共産党は、国会で補正予算案に反対し、定額給付金にも反対の立場で対応しました。国民の8割近くが反対を表明していたように、政権与党の総選挙対策と批判され、消費税増税とセットで施策化が検討された経過もあり、2兆円は雇用や社会保障などに有効に使うべきであると主張してきたのは当然の立場です。

 同時に、国会で予算と関連財源法が成立すると、国民一人一人に定額給付金を受け取る権利が生じます。その権利を行使するかどうかは、国民の意思に委ねられるべきもので、地方自治体がその選択権を奪うべきではありせん。

 私は、批判の見地をのべつつ、住民の権利を奪わず、支給の事務の遂行も妨げない立場から、賛成の態度をとることにします。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-03-09 20:55 | 市政だより