<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

全員協議会が開かれ市長辞任を求める   

 奥田市長が税理士法違反容疑で書類送検された問題で全員協議会が開かれました。
 違反容疑は、奥田市長が市長に当選後も昨年10月末国税庁に指摘されるまで、市長職と税理士業務を兼業していたという税理士法第43条違反容疑です。
 奥田市長は、県警の任意の事情聴取に容疑を認めているといわれ、市長の進退が問われています。
 法令遵守の先頭に立たなければならない市長が法令違反を犯す。あってはならない事件が起こったのです。事の重大性に対する奥田市長の認識が極めて希薄だと感じます。したがって、 全員協議会では、1名の議員を除き、残り14名の議員から奥田市長に対して辞任を求める意見が出されましたが、これに対する奥田市長の答弁は「司直の手に判断をゆだねているので現時点では市長の職を辞任する考えはない」と繰り返すのみです。
 奥田市長の支持者を含めていろいろ話が聞こえてきます。税理士法違反ならせいぜい罰金刑で済みそうで、禁固刑以上でないと失職と言うことはありえないのだから市長職は辞める必要はないなどと考えているとするならならばそれは大きな間違いです。税理士法違反に対する処分は当然ですが、しかし、それ以上に大きく問われているのは、今回の事件に対する奥田市長の持つ倫理観なのです。
 奥田市長は、そのことの重みを今一度噛みしめてもらいたいものです。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-01-31 09:59 | 市政だより

病気なら子どもに限らず短期保険証を発行   

  政府は20日、国民健康保険税が払えず保険証を取り上げられた世帯について、医療の必要が生じ、世帯主が市町村の窓口で医療機関への医療費の一時払いが困難だと申し出た場合は、短期保険証を発行する方針を閣議決定しました。
 小池 晃参院議員が8日に提出した質問趣意書に対する答弁書です。
 先の臨時国会では子どもの無保険状態を解消するための国保法改正案が全会一致で可決されました。それにともない、尾鷲市では市長は、12月定例会の一般質問に対してで先行して1月1日より保険証を発行するという答弁を行い、年明けに担当課に確認したところ全ての該当者に短期保険証が発行されていました。一安心です。
  しかし、大人は無保険のままで残されています。尾鷲市では滞納世帯801世帯のうち78世帯が保険証取り上げの世帯になっています。
 国保法では、世帯主に
「特別の事情」がある場合は保険証を取り上げる事は出来ない
としています。
 答弁書は、医療費の一時払いが困難である旨を申し出れば、
「保険税を納付することができない特別な事情に準ずる状況にある」
とし、短期保険証を交付できるとしています。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-01-21 17:03 | 国政だより

政府 財政審が定額給付金にマッタ!   

 1月13日、自民・公明両党は総額2兆円の「定額給付金」を柱とする2008年度第2次補正予算と同関連法案を強行採決し、賛成多数で可決、参院に送付しました。
 この補正予算に盛り込まれている2兆円の定額給付金について、財政審から「2兆円の使途をもう一度考え直して欲しい」「(景気刺激に)ほとんど効果はないだろう」「このようなものが次々と出てきたら、国家財政はなりたたない」「経済の活性化になることに振り向ける事を考えてはどうか」等々、辛辣な意見が出ていると報道されています。
 財政審が閣議決定された予算案の内容に反対するのは過去にほとんど例がありません。
 財政審がこの2兆円の定額給付金の撤回を事実上求める意見を表明したことについて、中川財務相は「大変見識の深い方々の議論で重いものがある」としつつも、「給付金を含めた予算を一刻も早く成立させ、施行する考えは変わっていない」と強調するばかりです。
 財務相直属の諮問機関である財政審の意見を無視するようなことは、諮問機関そのものを否定するなにものでもありません。今からでも遅くはありません。定額給付金の撤回を求めるものです。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-01-17 19:28 | 国政だより

参院で「雇用確保決議」を採択   

 7日、参院本会議で企業と政府にたいして、雇用の維持・確保に全力で取り組むことなどを求める「雇用と住居など国民生活の安定を確保する緊急決議」が、全会一致で採択されました。
 企業による解雇・「派遣切り」で、仕事と住まいを奪われ、「年越し派遣村」に集まった労働者をはじめとする国民世論が、国会と政治を動かした大きな一歩です。
 年末から年始にかけてずっと報道し続けられた「年越し派遣村」に集まってきている人たちの様子を、何も出来ないいらだちを持ちながら眺めていたのは私だけでは無かったと思います。役所も開かない年末年始、NPOや労働組合、ボランティアの力で「派遣村」が開かれ、マスコミも報道したからこそ、厚労省もやっと腰をあげたのでしょう。
 雇用確保決議については、4日に「年越し派遣村」で開かれた集会で、4野党が国会決議をあげることで合意し、野党は6日に決議案を衆参両院に共同提出していたものです。
 7日の参院議院運営委員会で、野党案に自民・公明両党が示した対案の内容を取り込み全会一致の採択となりました。

More決議全文はここから
[PR]

by syunsukem1m | 2009-01-08 17:33 | 国政だより

初詣に行きました   

 深刻な金融・経済危機のなか、「おめでとう」のことばもはばかられるような年明けです。それでも、初詣にいきました。
d0115628_82613100.jpg
 午後11時半を過ぎると、尾鷲神社の境内にお参りする氏子の列ができはじめました。例年より人出が多いように感じます。不景気と生活の厳しさを吹き飛ばす年になるように願いを込めてお参りをしているように見えました。そう思うと、縁起物を買い求める方の姿が少ないのが気になりました。
d0115628_8302869.jpgd0115628_8314320.jpg

d0115628_8322365.jpgd0115628_8325817.jpg

 いま、派遣切りや後期高齢者医療制度など、人間をどんどん切り捨てるきわめて冷たい政治が、国民の暮らしを直撃しています。今年は、国民が政治に審判を下す年です。
 新年を、希望と温かさを切り開き、さらに広げる年にしたいものです。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-01-01 08:39 | お祭り・イベント