<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

第6回熊野古道祭りが始まりました   

 10月25日、26日の2日間の日程で、「第6回熊野古道まつり」が始まりました。
d0115628_16201332.jpg

d0115628_16205695.jpg

  今回で第6回目となる「熊野古道まつり」は、25日を前夜祭としてメーン会場を熊野古道センターとし、コメリ会場と銀杏通り会場をサブ会場として行われます。26日を本祭りとし、熊野古道センターをメーン会場、夢古道おわせをサブ会場にして行われます。両日とも終了は19時を予定しています。
  およそ60チーム、2000人が2日間にわたって勇壮で躍動感あふれる演舞を披露してくれます。
d0115628_16251555.jpgd0115628_16253646.jpg
  また、メーン会場の熊野古道センターでは、物産市も同時に開催されています。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-10-25 16:40 | 市政だより

総選挙前に政党助成金を配分   

 総務省は20日、2008年度の政党助成金(総額3百19億4千百万円)の3回分として、総額79億8千5百万円を自民、民主、公明、社民、国民新、新党日本の6党に交付しました。
 日本共産党は、支持政党にかかわらず国民の税金を各党に配分する政党助成金が思想・信条の自由を侵すとして廃止を主張し、受け取っていません。

 各党への交付額は
・自民党……39億6千万円
・民主党……29億6千9百万円
・公明党……6億8千2百万円
・社民党……2億2千5百万円
・国民新党…9千5百万円
・新党日本…5千万円

 自民党は収入の6割、民主党は8割を政党助成金に依存し、事実上の「国営政党」「官営政党」となっています。

 政党助成金の原資は、国民一人あたり250円の税金です。解散・総選挙を前に6党は、何の苦労もなく〝選挙資金〟を新たに手にしたことになります。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-10-21 12:46 | 国政だより

三木里インター線搬入土砂の土壌・地下水再調査が行われました   

 10月7日午前10時半より三重県尾鷲建設事務所による三木里インター線の盛土の再調査が行われました。
 これは、去る6月9日に実施した環境調査の土壌調査で、鉛及びその化合物が、土壌汚染対策法の基準値をオーバーする数値を検出したことから、新たに立ち上げた三木里インター線搬入土砂問題検討委員会で、委員から調査不十分との指摘が出され、再調査の必要性が提案された事にもとづき地下水や土壌への汚染状況を確認するために行われたものです。
d0115628_19113434.jpg

土壌サンプルの採取は、尾鷲港しゅんせつ土を含む盛土の4ゾーンに分け、各ゾーン3カ所それぞれ5地点の土をサンプルとして採取。

d0115628_19244495.jpg
d0115628_19324690.jpg


d0115628_19443238.jpgd0115628_19452975.jpg

 また、今回新たに船津川しゅんせつ土で、これまでにも油膜を含む地下水の侵出げ続いている盛土の3カ所も採取された。
d0115628_19345414.jpgd0115628_19361548.jpg

 また、地下水も5カ所で採取されました。

 今回の調査団は、検討委員会の先生方、県職員、調査業務を委託された東海テクノの職員など30数名という大がかりなものです。分析結果は来月に出る予定で、そのデーターが出た段階で、委員会としての対応が決められることになります。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-10-07 19:51 | 市政だより