<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

「安心プラン」掲げた日に、社会保障バッサリ   

 安心して医療が受けられるなど「五つの安心プラン」を発表した福田自民・公明内閣。同じ日に、社会保障関係費の自然増分を2,200億円抑制することを盛り込んだ2009年度予算の概算要求基準を閣議了解しました。

 まるでブラックジョークです。

 小泉内閣以来の「社会保障関係費抑制路線」に固執し続ける自民・公明政権。09年度は介護や雇用などの改悪が狙われ、いっそうの社会保障破壊を引き起こすことになります。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-30 10:01 | 国政だより

後期高齢者医療制度 保険料天引きが増税を!   

 昨日、後期高齢者医療制度の保険料が「天引き」から「口座振替」を選択できるようにするための制令が公布・施行されたことを書きましたが、「天引き」によって税の負担が増える場合があることもわかりました。低年金の後期高齢者がいる世帯は要注意です。一方、「天引き」を中止して、「口座振替」を申請すれば負担軽減出来る場合があるということです。。

 「天引き」がなぜ増税につながるのか。

 例えば、国民健康保険に入っている自営業者の息子夫婦が、後期高齢者の両親を扶養している世帯の場合。
 今年3月までは、両親も国保だったので、世帯主の息子が家族4人分の国保料を負担していた。これは息子の所得から控除(社会保険料控除)できました。
 ところが、4月から両親が後期高齢者医療制度に移り、保険料がそれぞれの年金から天引きされるようになりました。
 すると、両親の保険料分は、実際には息子が負担していても、息子の所得から控除出来なくなります。天引きでは〝両親が保険料を負担した〟とみなされてしまうからです。
 息子の所得から両親の保険料分を控除できないと、課税される所得が多くなり、余計に税金を負担することになります。

 保険料の年金天引きをやめて口座振替にするには、市役所への申請が必要です。手続きには時間がかかります。天引きは2カ月ごとに行われます。10月から天引きをやめるには、8月上旬ごろまでに申請することが必要です。

 次から次へと問題がおきてくる制度。大本は75歳という年齢で、別々の医療保険制度に切り離したことにあります。
 これを解決するには、年金天引きの部分の見直しなどではなく、制度そのものを廃止することが必要です。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-27 20:14 | 国政だより

後期高齢者医療制度「保険料の天引きを振替に変更」が可能に   

 拡がり続ける国民の怒りを受けて、見直しを迫られている後期高齢者医療制度、保険料の天引きの代わりに口座振替での納付を選択できるようにする ための制令が、25日に公布・施行されました。政府・与党が6月にまとめた「見直し策」に基づくもので、部分的な手直しで批判をかわし、制度の延命をはかる狙いです。
 年金天引きから口座振替への変更ができるのは ①国民健康保険料を過去2年間、滞納せずに支払っていた人 ②年金収入が年180万円未満の人で、保険料を子ども(世帯主)や配偶者の口座振替で支払いする 場合です。
 厚生労働省は、過去2年間に滞納があった場合でも、やむを得ない事情であれば変更は可能としています。
 
 保険料の天引きをやめて口座振替にするには、市役所への申請が必要です。10月から天引きをやめるには、8月上旬までに申請することが必要です。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-26 15:49 | 国政だより

AED(自動体外式除細動器)の使用講習を受けました   

 市議会生活文教常任委員会 南靖久委員長の呼びかけで、AED(自動体外式除細動器)の使用講習を受けました。
d0115628_2048431.jpg
 現在、尾鷲市内では、公共施設、学校、診療所、事業所等に43台のAEDが配置されており、今後さらに10台が配置される計画があります。私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるかわかりません。突然、心臓や呼吸が止まってしまった……こんな人の命を救うためには、救命処置が必要です。
119番通報して救急車が到着するまでの6分間が、命が助かるかどうかの境目といわれます。
d0115628_20504377.jpgd0115628_20511012.jpg
 AEDが導入されるまでは、胸部圧迫と人工呼吸の組み合わせによる「心肺蘇生法」が行われていましたが、それに、このAEDが加えられたのです。AEDは、心室細動を引き起こして、血液を心臓外に押し出せなくなっている心臓に、電気ショックを与え、心室細動を抑え、血液の流れを回復させようとするものです。
 AED器具そのものはそんなに大きなものではなく、取り扱い手順も非常に簡単なものです。
 電源が入ると自動的に音声メッセージが流れ、その指示に従って手当てをすればいいようになっています。ただ、一分一秒を争うことなので冷静に対応できるかどうかがカギを握ることになるように思います。ですから、一人でも多く方がAEDの体験をされることが大事になってきます。
 また、AEDがどこに配置されているかも普段から意識をもって知っておく必要があります。
d0115628_20563992.jpgd0115628_20572161.jpg
 毎月9日に消防署で講習会が予定されているので、多くの市民の方の体験を期待します。

MoreAED設置施設は
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-11 21:24 | 活動日記

第42回紀北母親大会がひらかれました   

 「生命を生み出す母親は
          生命を育て
             生命を守ることをのぞみます」


第42回紀北地区母親大会が紀北町老人福祉センターで開かれました。
d0115628_17164120.jpg

オープニングは海山コーラス「はまゆう」が受け持ちました。
d0115628_17185586.jpgd0115628_1719368.jpg

 続いて、「地球・人類の存続をかけて エコウェーブ」と題して 速水 亨氏が講演を行いました。写真、グラフ、表をふんだんに使っての講演は、今地球が抱えている環境問題を、林業家としての目から深く分析したわかりやすい講演でした。
d0115628_1724697.jpg

 100名を超える参加者に大きな感銘をあたえました。
 大会は、最後に「アピール」を採択して終わりました。

More大会アピールはこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-06 17:41 | お祭り・イベント