<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

「後期高齢者医療制度」 4野党が廃案法案提出   

 28日、日本共産党、民主党、社民党、国民新党の野党4党は、4月から実施される後期高齢者医療制度を廃止する法案を、衆議院に提出しました。

 後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者を国民健康保険や被用者保険から切り離し、後期高齢者だけの医療保険に組み入れる者です。保険料が年金から天引きされるとともに、受けられる医療の内容も、それ以下の年齢の人と比べて制限されます。

 4野党の法案は、後期高齢者医療制度の導入そのものを撤回させる内容です。また、同じく4月から実施される予定の70~74歳の病院窓口負担の2割への引き上げ(現行1割)や、65~74歳の国保料(税)を年金から天引きする改悪についても中止するとしています。

 この制度の中止・撤回や見直しを求める地方議会の意見書も520議会にも達しています。

 高齢者だけを別の医療保険制度に押し込め、死ぬまで保険料負担を強いて、その上、医療まで差別を持ち込むこのような制度は、世界でも異常です。

 1月27日付「朝日」には、こんな投書がのっていました。
 「老いぼれはさっさとくたばれと言わんばかりだ。これが『美しい国だ。徳育だ』と宣う人たちのやることか。正に人道に対する冒頭ではないか」

 いま、第一回定例会が行われています。後期高齢者医療事業特別会計予算、それに伴う国民健康保険条例の一部改正の議案が提出されています。委員会審議の中で問題点を明らかにし、反対の態度を貫いて頑張ろうと思っています。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-29 09:08 | 国政だより

一般質問を終えました。   

  一般質問を終えました。まだまだ一問一答方式の質問形式に熟達できず、未熟さを露呈した質問になってしまったと自省することしきりです。私の質問にたいして、市長はじめ執行部の皆さんが丁寧な答弁で対応し頂きました。

  図書館の民営化については、指定管理者制度の導入によって運営全般を委託することは図書館サービスの水準を低下させる状況も考えられ、指定管理者制度導入はあきらめ、一部業務委託を行う方向で検討をしていきたい。結論は8月頃をめどに、図書館協議会の意見も十分に勘案して結論を出していきたいとの答弁でした。

  福祉医療費助成制度の適用範囲拡大については、新たに三重県が示した一部負担増なしの見直し案に同意をすると答弁をいただきました。さらには、今後の課題として、乳幼児対策、障害児対策、母子家庭支援対策等、福祉政策全般にわたる施策にも取り組んでいく意欲を示して頂きました。また、三重県にたいして、医療費の償還方式(病院での窓口負担一時立て替え払い)を現物支給方式(一時立て替え払いの必要がない)に改めるよう強く主張して頂くことも確認できました。

  透析治療のために、厳しい生活を余儀なくされている方々への通院費用の助成についても前向きな理解を示して頂きました。現在、今定例会に継続審議案件として提出されている陳情の生活文教常任委員会での審議経過ならびに議会全体の審議もふまえ十分考えていきたいと前向きの答弁をいただきました。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-27 22:05 | 市政だより

一般質問をいたします。   

 27日、一般質問をします。
 登壇の時間は、当日予定されている質疑の進行の都合で、午前中
 になるか午後になるかは未定ですが、次の3点をテーマに質問をす
 ることにしています。

図書館等の民営化を思いとどまるよう求めます。
 社会教育の砦である公的施設の民営化がどんどん進行していく中
 で、尾鷲市でも公民館、体育館、図書館などが民営化の方向が日
 程にのぼってきています。図書館を例にして、社会教 育施設への
 民営化を思いとどまるよう求めます。

福祉医療費助成の現物支給方式への転換を求めます。
 福祉医療費助成については、県民の批判をうけて、三重県が自己負
 担導入を断念することで 一応の決着を見ましたが、なお、現物支給
 方式の導入は見送られる事になっています。現物支給方式の導入
 を求めます。

透析患者への通院費助成を求めます。
 1日4時間、週4回の透析治療をかかえて、厳しい生活を余儀なくされ
 ている透析患者の通院費用の特別支援を求めます。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-26 10:40 | 市政だより

矢の浜浄水場の竣工式がおこなわれました   

 矢の浜浄水場の老朽化に伴い、新しい浄水場の建設にせまられ、平成18年5月に着工し、地下一階、地上二階建ての鉄筋コンクリートで竣工をみたものです。
d0115628_14144729.jpg

d0115628_14181620.jpgd0115628_14184155.jpg

 水道は、私たち市民の健康と命を守り、また、産業を興し、地震・津波・火災等災害から生活を守る大切な水です。
 取水は矢の浜伏流水及び井戸からくみ上げた地下水を隣接する2基のタンクに貯水し、送水は地下一階の送排水ポンプで市民に送り届けます。

More施設の概要・建設費はこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-14 14:26 | 市政だより

第1回定例会の日程が決まりました。   

 尾鷲市議会20年度第1回定例会の日程が決まりました。
 日程は、2月20日から3月12日までの22日間で、提出議案は一般会計、特別会計などの新年度当初予算と19年度補正予算などをはじめ条例改正等31議案です。
 提案される来年度一般会計予算は、市長選挙の関係で骨格予算として、前年度に比べて3.5%減の81億8300万円としています。

 日程は
 2月20日     本会議 議案上程、提案説明
   21~26日  休会
   27~29日  質疑、委員会付託、一般質問
 3月1~2日    休会
   3~5日    総務産業常任委員会 議案及び所管事項審査
   6~7日    生活文教常任委員会 議案及び所管事項審査
   8~9日    休会
   10日     生活文教常任委員会 議案及び所管事項審査
   11日     地域振興対策特別委員会 議案及び所管事項審査
   12日     本会議 質疑、討論、採択

 今定例化の日程は、市長選挙の絡みで例年より10日ほど開会を早めて行われるものです。
 ちなみに、市長選挙は3月16日公示、23日投票で行われます。

More提案議案はこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-13 20:20 | 市政だより

鳥羽市へ行政視察(透析患者通院費助成)に行ってきました   

 2月1日、議会閉会中でしたが生活文教常任委員会が開かれ、12月定例会で継続審議になった「透析患者への通院費用の特別支援を求める陳情」について審議が行われました。
 陳情の内容については、透析患者の生活の実態について深く理解できるという委員の思いが出されました。それをうけて、2月12日、生活文教常任委員会の行政視察として、ガソリン代とタクシー代の助成を行っている類似自治体の鳥羽市の状況を視察して参りました。
d0115628_20512937.jpgd0115628_20515995.jpg

 健康福祉課長が応対してくださって、助成制度の現状について説明をしてくれました。
 鳥羽市で行われている助成制度は、対象は障害2級以上の方で、身体障害者自動車ガソリン費補助、重度心身障害者タクシー料金助成の2本立てになっており、いずれも、通院にかかわらず、「障害者の社会活動を促進し、もって福祉の増進を図る」ことを目的とするものです。

①ガソリン費補助は、1リットルにつき55円、1か月50リットル
②タクシー料金補助は、乗車1回につき630円、年間36回分

 この制度を実施するにかかる費用は、 18年度実績で、
 ガソリン費補助は約86万円(うち透析患者分15名約38万円)、
 タクシー券助成は約70万円(うち透析患者分9名約6万円)
ということです。

 1日4~5時間、週3回の透析のために就労もままならぬ透析患者の実態を考えるとき、持続可能な助成制度として、尾鷲市としてもせめて鳥羽市なみの助成制度があってしかるべきだと思いました。
 3月定例会では是非とも陳情を採択して、執行部にたいして助成の実施を迫りたいと考えます。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-12 20:58 | 市政だより

地球深部探査船「ちきゅう」の見学をしました   

 2月11日(月)、新宮港岸壁に接岸している海洋研究開発機構所属の地球深部探査船ちきゅうの一般公開がありました。
d0115628_1922948.jpg
 
 
 長  さ  …    210 m
   幅   …     38 m 
 総㌧数 … 57,078 ㌧
 乗組員 …    150 名


 「ちきゅう」は、地球内部の調査を行うために日本が建造した地球深部探査船です。
 2005年7月に完成し、約2年間の操船および掘削の訓練ののち、本格的な探査活動に入ります。

「ちきゅう」がねらう科学的成果
 ①上部マントルの試料採取…マントルの組成、物性を調べることにより、地球の起源や
  マントルの対流現象などに対する画期的な発見が期待できる。
 ②巨大地震の震源域の直接の観測…プレート境界面を直接調べることにより、震源領
  域の破壊のしくみを解明し、地震予測の高度化に貢献する。
 ③地価生物圏の探査…原始地球に酷似した環境に生息する生物を調査し、地球生命
  誕生と進化の謎に迫る。
    
①                    ②                   ③
d0115628_19323941.jpgd0115628_1933295.jpgd0115628_19334461.jpg

 当日は一般公開ということで、見学者が岸壁に列をなしていました。
 乗船前に見上げると、船というよりまれで工場が生みに浮かんでいる感がしました。
d0115628_19431056.jpgd0115628_19433772.jpg

 船内は、研究区画と居住区画からなり、研究区画にはハイテク設備がびっしりと施され、さすがに研究室そのものです。
d0115628_19463242.jpgd0115628_19471588.jpg

d0115628_19483063.jpgd0115628_19501129.jpg

d0115628_1952363.jpgd0115628_1954126.jpg

 先進的なハイテク機器に囲まれている中で、船内の一角に金刀比羅宮の祭壇が航海の安全を願って祀ってあったのが人間的でした。
d0115628_201085.jpg

 活動にあたっては、世界の科学者が集まり協議して、計画を決定することになっているそうで、その成果が大いに期待されるところです。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-11 20:04 | 活動日記

市町村の財政分析の手法についての学習をしてきました。   

 一夜明けるとホテルの外は一面の銀世界でした。
 前日から一泊して、滋賀県大津市で行われた自治体研究所が主催する「自治体政策セミナー」に参加しました。目的は、市町村財政分析についての学習です。

 自治体の財政は、単年度の決算データーを見ただけでは、自治体の地域的な特性や財政運営の特徴はつかめません。それには、「決算カード」や「決算統計」などをつかった経年的な分析、そして類似団体との比較などが必要です。

①決算額の推移  ②歳入決算額の推移  ③ 経常一般財源等の推移
④目的別歳出の推移  ⑤性質別歳出の推移  ⑥経常収支比率の構成比の推移
⑦諸指数の推移  ⑧普通交付税・臨時財政対策債及び財政力指数の推移等、

 新年度の予算議会(尾鷲市は市長選のため本格予算は6月議会に)を前に、自治体財政の内容が読めるようになるため、財政のABCから勉強してきました。
 わずか1日の学習では、複雑な自治体の財政の仕組みについて理解できたとは言えませんが、あとは、具体的な尾鷲市のデーターを使い、実際に分析を試みながら力をつけていきたいと考えています。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-10 19:37 | 活動日記

ヤーヤの練りが始まりました   

 尾鷲神社ご祭礼2日目、各祷務町でヤーヤの練りがはじまりました。
 1番祷務町の北浦町では、午後6時頃から神楽部の太鼓が打ち出され、祷屋周辺に祭り気分を盛り上げました。
d0115628_23381488.jpg
町頭たちは、ふるまい酒やおでん、焼き魚等の準備に懸命に動いて、手伝い町を迎える準備にかかり切っています。
 午後7時、1番に向井町ののヤーヤを迎え、練りを終わるやいなや、大曽根町、今町、高町、新町、川原町のヤーヤを迎え、練りが行われました。
d0115628_23445816.jpg
北浦町の祷屋通りは道幅もヤーヤーの練りにはぴったりの道幅で、すばらしい練りが何番も続きました。
 
 8時10分に練りが終了し、将党が垢離かきに出発し、垢離をかいて宮上りをして第2日目を終わりました。

 宮上り後、祷屋まで祷送りをして頂きましたが、まだエネルギーが燃え尽きていなかったのか、手伝い町のヤーヤ衆から練りのリクエストが起こり、再度の練りが行われました。

 雨が降りだし、帰町に困ったのではと心配しました。
 
 天気だけが気掛かりです。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-03 00:03 | お祭り・イベント

尾鷲神社ご祭礼在回りが行われました。   

 2月1日から始まった尾鷲神社のご祭礼の在回りが行われました。

d0115628_2383512.jpgd0115628_2391570.jpg

 在回りは、昭和40年の改革で5日制になるまでは、2月6日に行われていました。
 役人(やくど)も長刀振、子役を含めて全員参加して、午後6時から11時まで5時間かけて全ての町筋を回っていました。新田や小原野の田圃の畦道も通りました。傘鉾の布の色も、夜目にもわかるようにということで、今も黄色になっています。
 昭和40年の改革で5日制になってからは、2月1日に在回りが行われるようになっています。コースも縮小されて、午後7時から午後9時30分までの2時間30分で町内の中心道路を回ることになっています。
 参加も、祷人、汐撫、弓射の三役だけになっています。
 明日から3日間ヤーヤの練りが三つの祷務町を中心に行われます。今年は、手伝町だけの練りになります。各祷務町とも午後7時30分ごろから午後8時30分ごろまでの練りになります。
 練りが終わると、祷務町ごとに魚市場で垢離をかいて宮のぼりをします。
 天気だけが気がかりです。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-02-01 23:32 | お祭り・イベント