<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

尾鷲神社祭礼の準備と飾り付けがおこなわれました   

 27日(日)、尾鷲神社ご祭礼を間近にして、その準備と飾り付けが行われました。
 早朝から、各20町の総代、町頭多数が寄り集まって、神社の幟たて、提灯飾り、それに尾鷲駅前の幟立て、その他各所に祭礼を知らせる横断幕等を設置しました。
d0115628_20422540.jpg
一方、一番祷から3番祷までの各町では、2日、3日、4日の夜に行われるヤーヤの練りに備えて矢来組が行われました。
d0115628_20513768.jpg

d0115628_2052034.jpgd0115628_20522160.jpg

 今年のヤーヤの練りは、昨年のような複数の祷の練りはなく、各手伝い町だけの練りになります。少し規模が小さくなりますが、はりきって盛り上げてもらいたいものです。練りの時間は各祷屋前で午後7時30分頃からの予定出す。
 練りが終了後、各祷務町毎に魚市場前で垢離をかき、宮上りを行います。
 垢離かき場も設置されました。
d0115628_212409.jpg

[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-27 21:04 | お祭り・イベント

寒風をついて大弓の練習   

尾鷲神社ご祭礼も間近に迫りました。
 祭礼の中心的神事である「大弓の神事」の特訓が進んでいます。1月10日から始まった、指導者の児玉晃典さんの小笠原流古式に則った型の指導と的を射る練習が、大詰めを迎えています。
d0115628_19264673.jpg
神社の弓場をブルーシートで囲ってはいるものの、寒風が身をきるなか出の練習は大変です。毎晩、ドラム缶のたき火で暖をとりながら、祷務町の若い衆も練習を見守ります。
d0115628_19281566.jpgd0115628_19284486.jpg

一番祷・小笠原 怜君、二番祷・浜田祥基君、三番祷・竹村友希君の3人の弓射にとっては全て初めての経験ばかりでが、烏帽子に素襖の形もよく似合ってきて、なかなかの若武者ぶりです。
d0115628_19321767.jpgd0115628_19341414.jpgd0115628_19343686.jpg

 31日は練習総仕上げのリハーサルだそうですが、5日の「祭礼神事の大役」を無事努められるよう期待しています。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-26 19:37 | お祭り・イベント

「福祉医療費助成制度」についての勉強会をしました   

 いま、三重県では、「福祉医療費助成制度」の問題が大きな課題となっています。
この問題は、三重県の動向次第で尾鷲市にも大きな影響をもたらしますので、津村 衛県会議員を講師にお願いして、議員有志による勉強会をいたしました。
d0115628_1844492.jpg
 三重県議会において「総合的な子育て支援策及び『乳幼児医療費助成制度』の拡充に関する請願書」が全会一致で採択されたという状況にもかかわらず、12月に県が平成20年9月から対象範囲を拡大することとあわせて、すべての対象者に対して一部負担(自己負担の2割)を導入することを提示しました。このことをめぐって、県議会の政策討論会議は議論を重ね、さらには市町にアンケートを実施するとともに、県の提示案の見直しを知事に申し入れをしています。
 
 尾鷲市は、アンケートに対して県の提示案に賛成の立場をとっています。12月22日、超党派で議員有志9人が市長に対して、尾鷲市の態度の変更を求める要望書を提出した経緯があります。

 勿論財政的なことが問題になりますが、一部負担をはずすことで増える予算は、県の福祉予算907億円のうちのわずか3億円です。尾鷲市の負担増は約1千万円弱です。市長の政策選択の範囲で十分対応できる額です。
 
 9月実施ということですから、尾鷲市では6月議会で条例改正が行われることになりますが、しっかりと議論をしなければなりません。
 
 津村県会議員にも、県議会で頑張ってもらうようみんなで要請しました。
 県議会議員と市議会議員が意見交換をして、市民の要求実現のために連携をとりながら活動をすることの意義を痛感した勉強会となりました。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-24 18:50 | 活動日記

平成20年尾鷲神社ご祭礼実施要項決まる   

 2月1日から2月5日まで行われる平成20年尾鷲神社ご祭礼の実施要項が決まり、1月22日、尾鷲神社において記者会見が行われました。
 
  2月1日 午前0時     扉開き神事
        午前10時    由緒祭
        午後7時     在回り
     2日~4日
        午後7時     各祷務町においてヤーヤの練り
     5日 午後0時出発   大名行列

        午後5時30分 祭座の儀式
        午後6時     垢離掻き神事
        午後7時     大弓神事
        午後8時30分  お獅子神事
        午後9時     祷渡し儀式          終了10時予定

More祷務町役人氏名はこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-22 12:48 | お祭り・イベント

県議会が福祉医療費助成問題で野呂知事に申し入れ   

 県の福祉医療助成制度の問題については、12月議会を中心に県議会と市町議会が連携して、2割自己負担反対の世論を作り出してきました。

 年が明けて、県議会では、政策検討会議で福祉医療費助成制度改革についてのとりまとめが行われ、とりまとめ案を決定しています。この案は、1月18日の全員協議会で決定され、野呂知事に示されることになっています。

More申入書(案)はこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-18 09:01 | 県政だより

75歳以上「差別化」を狙う診療報酬改定案   

 厚労省は、2008年度診療報酬改定の方針案を、中央社会保険医療協議会に示しました。
 方針案では、4月から実施予定の後期高齢者医療制度の具体的な方向が示されています。それによると、診療報酬について、「入院」「在宅」「外来」「終末期」の4項目で考え方を示しています。

 外来医療では、一人の医師が患者を総合的に診察する「高齢者担当医(仮称)」制度の導入を打ち出しました。研修を受けた医師が、定期的に診療計画を作成して診療します。高齢者が複数の医療機関にかからないようにすることで、医療費を抑えることが狙いです。

 入院医療では、「入院時から退院後の生活を念頭に置いた医療を行うことが必要」だとして、長く入院させない方向を示しています。退院計画を作成したり、末期のガン患者への退院時の支援・指導を行った医療機関への報酬を手厚くすることなどを盛り込んでいます。

 終末期医療では、患者や家族の同意を得て「過剰な延命治療を行わない」などの診療方針を書面でまとめたり、「在宅死」を迎える患者に手厚い対応をした医療機関への報酬を上乗せすることを打ち出しています。
 今後中医協で詳細を議論し、2月中に診療報酬が決定されます。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-17 10:05 | 国政だより

尾鷲神社でドンド焼き   

 尾鷲神社で恒例の「ドンド焼きの行事が行われました。
 昔から正月は14日までとする風習があり、その最初の日の15日に「ドンド焼き」を行うことになっています。
d0115628_15262234.jpg
 このドンド焼きは、正月の門松・松飾りや注連縄、古いお札、絵馬、書き初めなどを持ち寄り焼く火祭りです。
d0115628_15313430.jpgd0115628_1532952.jpg

 ドンドという呼び名は、火に投げ込んだ門松の竹のはぜる爆竹のような音からついたという説や、火の勢いを形容してついたとう説があります。
 ドンド火の煙を浴び、この火で焼いたお餅を食べると一年間病気をしないなどいい伝えられており、前進に煙を浴びた氏子の方々が、ドンド餅を頂くのに列を作っていました。
d0115628_15503861.jpgd0115628_1551568.jpg

 早朝の7時から始まったドンド焼きには、年末年始を凌ぐ途切れることのない氏子の方々の参境で、ドンド場に門松や注連縄が山と積まれ、神社総代20人が橙やミカン、お餅などをより分け、燃やしていました。軽トラック一台分のビニール袋と橙やミカンは市の焼却場の運んで処分しました。
 中には、下のような人形やだるまなども持ち込まれましたが、神社では、3月8日に「宮の日」として、人形や結納品、古くなった神具などをお祓いの上処理をさせて頂くことになっているので、その日を利用して頂くようにと話していました。
d0115628_1671752.jpg

[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-15 16:08 | お祭り・イベント

第50回尾鷲市成人式が挙行されました   

 成人式の趣旨は
 「成人式に参加することによって、おとなになったことの自覚を持ち、みずから生き抜こうとす   る青年を祝い励ます」
 ことにあります。

d0115628_15425446.jpgd0115628_1543221.jpg

 朝から素晴らしい天気に恵まれて、第50回の尾鷲市成人式が市民文化会館で挙行されました。市民文化会館は、着飾った新成人の皆さんが醸し出す華やかな空気に満ちあふれました。 20年間手塩にかけて育ててきたわが子の晴れ姿を確認するかのように多くのお母さん方も参集していました。それぞれデジカメを片手に語らっている風景は喜びに満ちあふれていました。
d0115628_15561963.jpgd0115628_15593556.jpg

 新成人の手作りによる式典は、北澤尾鷲市教育委員長の開式のことばで始まり、伊藤尾鷲市長、野田県議、與谷市議会議長の激励のことばと続きました。
 新成人を代表して、上野 祐貴君、河野 憂吾君、野田 麻未参の「20歳の想い」と題した発表もありました。満員の会場から大きな拍手があがりました。
 中学校三年当時の担任のメッセージも届けられました。舞台のスクリーンには新成人の爆笑をうけながら懐かしい先生方の姿が映し出されました。
 最後に、新成人を代表して世古 誠君が謝辞をのべて晴れやかな成人式が終わりました。
d0115628_1624842.jpgd0115628_1624315.jpg

d0115628_16253210.jpgd0115628_16255450.jpg
 
  
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-13 16:26 | お祭り・イベント

尾鷲神社祭礼が始まる「祷屋祭」が行われました   

 尾鷲神社の祭礼を始める「祷屋祭」が、1月6日(日)に各祷務町で行われました。
 今年の祭礼の祷務町は、 1番祷務町  新田町
                  2番祷務町  新川原町
                  3番祷務町  北浦町    が努めます。

 早朝より寄り集まった多くの町頭たちによって、巻藁、荒菰、神饌が準備され、精進部屋が設置されます。精進部屋は、巻藁を中心に神具や神饌で飾られます。
d0115628_19355427.jpg

 巻藁は降神の場所で、120束のわらの小束を1つにまとめて作ります。祭礼が始められた時、尾鷲郷の戸数が120戸で合ったということがその由来になっています。
d0115628_19422869.jpgd0115628_19425178.jpg

 荒菰は、弓神事やお獅子神事に用いられる神具で、昨年の秋に刈り取った2mを超す茅をすだれ状に編んで作ります。
d0115628_1946371.jpgd0115628_19462872.jpg

 午後からは、1番祷務町から順に、整った精進部屋で尾鷲神社宮司によって「祷屋開き神事」が催行されました。

 1番祷務町 新田町
d0115628_19555219.jpgd0115628_19561897.jpg

 2番祷務町 新川原町
d0115628_19585159.jpgd0115628_19592412.jpg

 3番祷務町 北浦町
d0115628_2004176.jpgd0115628_201865.jpg

 この「祷屋祭」を皮切りに、10日からは連夜にわたって弓の練習が神社弓場で始まります。
 そして、2月1日の午前0時の「扉開き」からヤーヤ祭りの本番が始まります。
    
[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-06 19:47 | お祭り・イベント

尾鷲市消防出初式出席しました   

d0115628_2014964.jpg
 1月4日(金) 午前9時より市営グランドにおいて、平成20年尾鷲市消防出初式が行われました。
 年末から年始にかけての寒さも少し和らぎ、好い出初式日和になりました。
 
 定刻には市長を始め市の関係者、三重県知事代理、県議、市議会議長、各界の代表、市議会議員党が顔をそろえ、各地域の消防団員130名の参加で式典が挙行されました。


d0115628_2184451.jpg

d0115628_2193874.jpgd0115628_21105983.jpg

 式典では平成19年度の表彰が行われ、次の方々が表彰を受けられました。
 【三重県消防協会表彰】
 (功績章)  糸川 幸之助
 (精勤章)  三鬼 清長、三鬼 隆伯、山口 泰司、疋島 伸好
 (表彰徽章) 川口 妙喜、北村 愛子、西 悟、森本 光仁、峯、清志、黒 智成
 【紀北支会長表彰】
         川口 哲正、世古 知宏、奥田 健一、屋根内 司朗、岩本ふみ代
         川建 輝也、北村 千鶴、北村 昭人、須川 仁
 【市長表彰】
         大久保 仁司、川端 洋次、浜口 洋典、浜口 芝男、大野 紀夫
         東 太士、大川 智宏、濱地 伸輔
                                       (以上敬称略)

 式典終了後、消防団員、消防職員による実践操法のデモンストレーションが行われました。
d0115628_2118170.jpgd0115628_2123629.jpg

d0115628_21241763.jpgd0115628_2125092.jpg

 市営グランドには、矢の浜保育園の園児達も見学に来ていました。
 きっと、小さな胸を膨らませて真剣に見いていました。
d0115628_2130487.jpg

[PR]

by syunsukem1m | 2008-01-04 21:31