<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

全員協議会で尾鷲港港湾計画が示されました。   

 全員協議会で尾鷲港港湾計画の改定内容が担当課から報告されました。
 今回の改定計画は、平成15年に学識経験者、地元関係者、港湾関係者
等19人による「尾鷲港長期構想検討委員会」が立ち上げられ、検討されて
きたものである。

【港湾計画改定の必要性】 
 これまでの港湾計画は、概ね平成15年度を目標年次として平成3年に
改定されているが、その後、港湾を取り巻く社会・経済情勢が大きく変化して
おり、既定計画で想定した将来貨物量などの需要に達しておらず、また、耐
震強化岸壁が未整備であるなど、現状の尾鷲港の抱える課題に対応できな
い現状である。
 一方で、尾鷲湾一帯では東海、東南海地震とそれに伴う津波等の発生が危
惧されており、主要幹線網の寸断が生じ、当港背後地が孤立化するなどの、
被害が想定されることから、早期に尾鷲港の防災機能の充実化を図る必要が
ある。
 また、尾鷲港では定期旅客船乗り場と貨物取り扱い岸壁が接近しており、
人流と物流が混在していることや、港内に漁船、プレジャーボート、官公庁船
等が多数係留されており、係留スペースが狭隘で混雑した状況になっている
ことなど、利用面での課題を抱えている。
 このため、現状の尾鷲港の課題に対応できるよう、早期に港湾計画を改定
する必要がある。

d0115628_1523685.jpg

【計画の基本方針】 
尾鷲港背後地域の産業活動を支え、地域経済や市民生活の安定・向上に貢
献するとともに、人・物が集まり、物流・交流・環境・安全と多岐わたる役割を担う港湾を実現するため、平成30年半ばを目標年次として、以下のように方針を定め、港湾計画を改定する。

 《物流》公共貨物取扱機能の拡充・強化
 ・船舶の大型化に対応して公共埠頭の機能向上を図るとともに、人流と物流
  を分離し安全性の向上を図る。
 
 《交流・環境》観光拠点機能の充実、魅力ある港湾空間の形成
 ・快適で魅力ある水辺空間の創出を図り、港の賑わいや交流人口の増大に
  寄与する。

 《安全》大規模地震対策施設の整備、小型船等の適正な配置
 ・大規模地震等の発生時における緊急物資等の輸送機能を確保するため、防
  災機能の強化を図る。
 ・安全で機能的な港湾利用を促進するため、既存施設の有効活用により各種 
  小型船の適切な収用を図る。

【予算規模】
 全体の改良工事の工期は平成19年度から15年間で、平成34年度完工予定
で、約95億円が予定されており、緊急の2つの耐震岸壁の整備については、今
年度測量調査を行い、20年度から23年度までとなっている。予算は約10億円
で、それに伴う尾鷲市の負担分については、平成20、21年度では4500万円、
23年度までで合計で1億5千100万円、年平均して約6000万円の負担金が生
ずる事となる。
 これらの財政負担は、尾鷲市の財政的なことを考えると大きな問題になるが、
今後の財政計画を勘案しながら9月の定例化での議論の対象となる。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-31 16:20 | 市政だより

議会運営委員会管外視察3(天理市議会)   

管外視察の第3日は
   天理市議会
である。
d0115628_19102180.jpg

d0115628_19105987.jpg
 天理教を中心に町作りが行われている天理市だけに、多くの宿坊に囲まれて天理市役所がある。

 温厚そうな橋本事務局長の説明を聞きながら、天理教という一大宗教立市のゆったりとした議会運営を感じさせられた。

 天理市議会の視察のテーマも「予算審査」についてであったが、 常任委員会審査も、総務財政、文教民政、市民経済、建設水道の4常任委員会が設置されてはいるものの、実質審査は、総務財政が決定権を握り、他の3常任委員会は予備審査という取り扱いで、それぞれ付託された審査議案に対する採決も行わないのということであった。

 常任委員会、特別委員会の審議時間も、常任委員会で定例会ごと1日程度、特別委員会では予算、決算とも各1日程度であり、尾鷲市議会ではとても考えられないような、きわめて大らかなものであるという。

 芦屋市議会、西脇市議会、天理市議会と3市議会を視察したが、議会での審議のシステムでも、審議の内容でも、そして、議会の民主的な運営についても尾鷲市議会の方が1歩進んでいるような感じがした視察であった。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-28 19:54 | 市政だより

議会運営委員会管外視察2(西脇市議会)   

管外視察第2日は
  兵庫県西脇市議会
である。
 西脇市は、周囲を緑の山々に囲まれ、兵庫県最大の河川・加古川が市の中央を流れる自然豊かなかなところに位置している。

 そして、東経135度と北緯35度が交差する西脇市は、日本列島の中心に位置する「日本のへそ」のまちとしてアピールしている。
d0115628_10181138.jpg

 西脇市議会での視察のテーマは「議会中継」(ライブ中継等について)である。
d0115628_10222527.jpg
 議会のライブ中継を実施しているということで視察地に選んだわけだが、西脇市の議会中継はインターネット中継であった。

 国の先進的モデル改築事業プランを利用しての事業で、初期投資事業費2,700万円程度かかり、以後、会議録検索を中心に年間約70万円程度での経費で運営が行われている。

平成14年2月、議運でネット中継実施を発案確認して5月より本格中継に入ったそうである。
議会開会中は、市の施設のロビー等でアクセスすることができるようにしているそうだが、市民によるアクセス数はそんなに多くはなく、500程度のアクセス数にとどまっているのではないか。
d0115628_1047511.jpg
システムの特徴としては
・インターネットに接続されたパソコンから議会のライブ中継映像を見ることができる。
・利用者は、設置された3台のカメラの映像を選択して見ることができる。
・議会図書館に設置されたモニターからも議会中継を見ることができる。
・リモートコントローラでズームを制御することができる。
・カメラコントローラでモニターの任意1画面/4分割/巡回画面表示切り替えを行う
 ことができる。

 放映は、映像に中心を据えるのではなくて、音声に重点を置いた中継を目指していると言うことで、尾鷲市のように日刊地方紙が2社もあって、議会での様子が逐一リアルタイム的の市民に届けられているようなところでは、多額の投資経費に見合う効果が期待できないかも知れないと感じた。

 議会運営についても説明があり、予算・決算特別委員会の運営については、議員数20名の半数10名で構成され、任期は1年で、両委員会に所属し、翌年は残りの議員が交替、議員任期の4年間で2年ずつ両委員会に所属するというシステムをとっており、これは参考にできるように聞かせてもらった。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-28 11:11 | 市政だより

議会運営委員会管外視察1(芦屋市議会)   

 7月25日より3日間の日程で議会運営委員会の管外視察を行った。
 第1日  芦屋市議会
 視察のテーマは、「予算審査について」である。
     【芦屋市役所】
d0115628_22443279.jpg

d0115628_2312948.jpg
 芦屋市役所は六甲山系を源に市内を流れる芦屋川のほとりにあり、阪神大震災の時に、テレビの映像で驚かした横倒しになった高速道路が眼の先にあたるところに建っていた。


d0115628_233127.jpg
市役所窓から眺めた復旧なっている高速道路





議会は議員数は22人、常任委員会は
  総務常任委員会……8人、民生文教常任委員会……7人
  都市環境常任委員会……7人
の3常任委員会で、任期は1年。

d0115628_035396.jpg
 視察目的の予算の審査については、
 ・正副議長を含む全員で構成する予算特別委員会で審査。
 ・各常任委員会を単位とする3分科会を設置。
 ・特別委員会の正副委員長も分科会委員に就任する。
 ・分科会の審査は、一般会計の歳入及び歳出は各所管の分科会に分割して
  付託する。
 ・委員会・分科会の運営については、予算案全体に対する総括質疑は予算
  特別委員会では行わず、分科会では質疑・意見・要望にとどめ、討論採決
  は行わない。各分科会に市長・副市長の出席を求める。
 ・分科会の正副座長は委員会で選出し、常任委員会の正副委員長を各分科
  会の正副座長に選出する。
 ・予算特別委員会は第1回定例会中2回開催し、分科会は原則として各常任
  委員会の審査終了後に引き続いて開催する。
等である。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-28 00:08 | 市政だより

議会運営委員会管外視察が予定されています。   

 7月25日~27日まで議会運営委員会の管外視察が予定されています。

参加者は、
    三鬼和昭委員長、北村道生副委員長、與谷公孝委員、村田幸隆委員、
    浜口文生委員、中垣克朗委員、南靖久委員,奥田尚佳副議長

随行員は、
    吉沢寿朗事務局長、山本和夫次長
特別参加
    内山鉄芳議員、三鬼孝之議員、田中勲議員

《日 程》
7月25日(水)  13:30~15:00
          芦屋市議会視察
           ・予算審査について
           ・議会運営全般について
   26日(木)  10:00~12:00
          西脇市議会視察
           ・議会中継(ライブ中継等について)
           ・議会運営全般について
   27日(金)  10:00~12:00 
          天理市議会視察
           ・予算審査について
           ・議会運営全般について
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-23 22:19 | 市政だより

中川悪臭問題で報告を受ける(生活文教常任委員会)   

 中川悪臭問題について、7月18日に行われた「中川悪臭問題対策協議会」での内容を市長からうけました。
 市長からの報告は、
「水産加工センター株式会社が工場の廃水処理装置の改善等を8月末日までに行うことを内容とした確認書の取り交わしについて、対策協議会の同意を得て、期限を8月10日まで延期した。」
と言いうものでした。

 委員からは、
「この悪臭問題は市民の命の問題になっている。 確認書の取り交わしを、対策協議会の同意を得て8月10日延ばすことについては支持はするが、廃水処理装置の改善を盛り込んだ8月10日に取り交わされる確認書と『悪臭を出さない』ことが確かなものにならなくてはならない。」
として、8月31日以降悪臭が出た場合の伊藤市長の考えをただす意見が出され、それに対する市長の考えは、断固とした処置をとるとのことでした。

 断固たる処置とは操業停止をもありうるのかとの質に対してもイエスでありました。

 操業停止といううおうな最悪になった場合、業者と訴訟問題が起こっても決意は揺るがないということでした。

 この市長の強い決意を確認した委員会は、生活文教常任委員会として、執行部の対応を支持することを申し合わせ、委員長が議長、議運委員長と相談して議会としてどう対応するのかを決めることとして委員会を閉会しました。


 
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-23 21:33 | 市政だより

尾鷲市男女共同参画推進条例制定基調講演会がおこなわれました   

d0115628_19263467.jpg
 22日(日)、熊野古道センター交流ホールにおいて、男女共同参画の視点で進めるまちづくり支援事業として、「男女共同参画社会の実現にむけて」と題した推進条例制定基調講演会が行われました。d0115628_19292752.jpg













最初に、会長の土屋禮子氏ほか10名の方に男女参画審議委員の委嘱が行われました。
d0115628_19382917.jpg

講演は、
     三重県男女共同参画推進連携会議議長で
     尾鷲市男女共同参画審議会会長の土屋禮子氏
     三重大学 人文学科 准教授の石坂督規氏
による対談形式でおこなわれました。
 
d0115628_1948357.jpg

 男女共同参画社会とは
    すべての人々の人権が保障され、一人ひとりが、性別にかかわらず、
    自立した個人として、その能力と個性を十分に発揮することのできる
    社会であり、それぞれに多様な生き方が認められる社会です。そして、
    その社会は、男女が対等な立場で、社会のあらゆる分野にともに参画
    し、責任を分かち合う男女共同参画社会です。

自民党の公約から消えた「男女共同参画」
 自民党の参議院選挙公約から、前回の2005年総選挙時の政権公約で掲げていた「男女共同参画社会の実現」がきえました。

日本共産党の「男女共同参画」の公約
 
《「男女平等」からの逆行許さず、社会のすみずみに「両性の平等」を実現します》
 ・女性差別撤廃条約に反する民法を見直し、改正をすすめます。
 ・パートや派遣社員などへの均等待遇の法制化をすすめます。
 ・職場の男女差別の是正をはかります。
 ・自営業・農業女性の労働を正当に評価し、支援します。
 ・母子家庭の生活と就労支援を強めます。
 ・安心して仕事も子育てもできる労働条件に改善します。
 ・保育所、学童保育所などの拡充をすすめ、働く女性を応援します。
 ・生涯を通じて、女性の健康を保障する総合的な対策をすすめます。
 ・妊娠から出産までの費用の軽減をはかります。
 ・産科、小児科医不足の打開をはかります。
 ・女性の年金改善をすすめ、高齢期を安心して暮らせるようにします。
 ・DV被害の防止、自立支援を充実させます。
 ・セクシャルハラスメントを根絶します。
 ・女性の政策・意思決定機関への産科を推進します。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-22 20:32 | お祭り・イベント

希望者を募り、児童生徒を確保、学校存続を!   

 九鬼小・中学校合同保護者会がもたれ、市議会議員7名とともに参加した。
 昨年9月、尾鷲市立小中学校適正規模配置検討委員会が出され、九鬼小・中学校の統廃合が緊急の課題となる中で、地域ぐるみで学校の存続を模索する運動が盛り上がりを見せている。
 すでに九鬼小・中学校においては、保護者の総意として
 「少人数で子ども一人ひとりにきめ細かな指導が可能であり、また、地域と密着した教育活動ができる特色ある学校として、広く入学、転学を希望する児童生徒を募り、児童・生徒の確保を継続して行う。」ことを確認している。

 統廃合の日程が教育委員会の議題にのぼってきているだけに、地域の方々の取り組みも具体的に進んできている。
 今保護者会も、九鬼・早田両区長を始め、校長を初めとする学校職員、PTA役員の合同の会議となり、議員への要望もどんどん出された。
d0115628_22311061.jpg
      -これまでの運動の経過を説明する区長さん-

 これまでに幾度と無く教育委員会へも出向き協力依頼を行ったが、保護者と地域に方々が取り組むべき問題だとの冷たい態度でしか受け止めてもらえなくて、悔しい思いをしている。
 地域としてはそんな中で、独自の取り組みとして、自然いっぱいの中での九鬼小、中の特色を生かした教育のすばらしさを学校紹介及び意見交換会を開きPRするとともに、九鬼小・中への転入を呼びかけたい。しかし、その対象も現在の就学校に適応しにくい児童・生徒が対象になるだけに、そう簡単ではない。PTAでホームページを立ち上げるなどして保護者の思いを知ってもらう活動も計画している。
 昨今の厳しい情勢の中で、児童生徒数が激減する中での学校統廃合をくいとめ、存続させる運動のハードルは考えているよりはずっとずっと高い。それだけに、そのハードルをなんとしても跳び越えようとする九鬼地区のこの運動の意義は決して小さくはない。
 教育委員会としても、統廃合ありきの態度に固執することなく、この九鬼地区の運動に大きな関心を寄せ、この運動が実を結ぶように援助することが望まれる。
 
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-19 22:58 | 活動日記

しお学舎が開校   

 d0115628_21414517.jpg
 海洋深層水を利用した塩作りと塩作りを体験学習できる施設として、「おわせ深層水しお学舎」が開校しました。
 廃校になった元古江小学校校舎をそのままの形で残し、内部を製塩施設や体験学習の施設に作り替えての出発です。

 しお学舎の塩づくりは、「低温真空式二段濃縮製法」で行われます。
 海洋深層水100%が真空の「採かん作業真空釜」に入り、約60℃まで温めると海水が沸騰して塩水濃度が24%まであがります。そこから「煎ごう作業真空釜」でさらに煮詰め、最終的には「遠心分離機」が「塩」と「ニガリ」に分離します。
 この環境にやさしい製塩方法(低温式二段濃縮製法)は、味に深みを与え、衛生的で安心のできる塩を作り出します。

      製塩施設
d0115628_2272571.jpg

d0115628_2293292.jpg

d0115628_2295845.jpg

d0115628_22163183.jpgしお学舎代表の挨拶


d0115628_22182169.jpg                                   







                         来賓によるテープカット

 塩は「食の基本」であり、しお学舎では、塩づくりの体験学習で、食の大切さを学ぶと同時に、自然からの恵みにより人間が生きていけること、自然環境の大切さを理解してもらえる学校にしたいと考えています。
 塩のでき方を体験し、人と塩との関わり・歴史・文化・塩を取り巻く自然環境などを学び、自然や海を大切にする心、そして地元の歴史文化を大切にする卿土愛を育てることを目標にしています。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-16 22:37 | お祭り・イベント

年金制度に三つの提案   

 5000万件の「消えた年金記録」問題。参議院選挙の大きな争点の一つになっています。
 この「消えた年金」問題にたいして、国民の利益第一という立場から、五つの緊急対策を提言し、これにたいして自民党幹事長も「最も効果的だ」と認め、阿倍首相も実施を約束しまし、政府を一歩前に動かしました。
 さらに今回、年金制度についての日本共産党の立場を明らかにしました。
 日本共産党の年金制度改革についての三つの提案
   第一は、緊急策で、年金受給資格を25年から10年に短縮し、
    保険料を払えば年金が支給されるという「安心」を作ること。
   第二は、抜本策として、最低保障年金制度に踏み出すことで、
    当面は最低額として5万円を保障し、そのうえに保険料に応じ
    た給付をおこなう二階建てにする。
    (ヨーロッパなど先進国は、老後の生活をきちんと保障するさま
     ざまな制度を持っています。全額国庫負担の最低保障年金が
     主流です。
     《フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデ
      ン、アイスランド、カナダ゙、南アフリカ、ブラジル、モ
      ーリシャス、 オランダ、オーストラリア》等)
    第三は、財源問題で、消費税には頼らずに6兆円に上る道路財
     源の一般財源化、軍事費の無駄遣いなどにメスを入れ、大企
     業大資産家にもうけ相応の負担を求めることで、最低保障年
     金分の財源をまかなう。
 年金を口実にした消費税の引き上げには絶対に反対です。 この立場で年金制度をよくするためにがんばります。

 
[PR]

by syunsukem1m | 2007-07-15 19:35 | 国政だより