カテゴリ:国政だより( 63 )   

広島は被爆63年を迎えました   

 広島は今日8月6日、アメリカによる原子爆弾投下から63年を迎えました。
 8時15分、防災無線から流れるサイレンに合わせて、世界の恒久平和と原子爆弾投下による犠牲者の方々の冥福を祈って黙祷を捧げました。

 広島では、8月4日から〝世界から核兵器廃絶のうねりをつくりだそう〟をテーマに、原水爆禁止2008年世界大会・広島総会が開かれています。海外代表や日本全国から6800人が参加しています。

 国民平和大行進(和歌山コース)が去る6月10日、尾鷲市を通過しました。「恒久平和」を願う尾鷲市、尾鷲市議会からのメッセージ・ペナントも、8月4日、広島の平和公園で行われた平和大行進集結集会に届きました。

 B29「エノラ・ゲイ」が投下した原子爆弾は、広島市上空約58mで炸裂。数千度の熱線・爆風と放射線が市民を襲いました。たった一発の爆弾で、当時の広島市民の4割、約14万人の命が奪われたのでした。

 生き残った人や原爆投下後に捜索や救援のために入市した人も、放射線などの被害に苦しめられ、いまなお多くの人々が入院や治療を余儀なくされています。現在被爆者健康手帳を持つ被爆者は、24万3千6百92人もいるのです。平均年齢も75歳と高齢化が進んでいます。

 被爆63年を前に、被爆国・日本の運動と、国連、各国政府、NGO(非政府組織)、草の根の市民組織など世界から広く参加して開幕している原水爆禁止世界大会。2010年の核不拡散条約(NPT)再検討会議を控え、世界で核兵器廃絶の運動をどう強めていくかが話し合われます。

 今年の原水爆禁止世界大会は、国連軍縮問題担当上級代表が、初めての国連代表として参加したことにも注目が集まっています。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-08-06 11:39 | 国政だより

「安心プラン」掲げた日に、社会保障バッサリ   

 安心して医療が受けられるなど「五つの安心プラン」を発表した福田自民・公明内閣。同じ日に、社会保障関係費の自然増分を2,200億円抑制することを盛り込んだ2009年度予算の概算要求基準を閣議了解しました。

 まるでブラックジョークです。

 小泉内閣以来の「社会保障関係費抑制路線」に固執し続ける自民・公明政権。09年度は介護や雇用などの改悪が狙われ、いっそうの社会保障破壊を引き起こすことになります。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-30 10:01 | 国政だより

後期高齢者医療制度 保険料天引きが増税を!   

 昨日、後期高齢者医療制度の保険料が「天引き」から「口座振替」を選択できるようにするための制令が公布・施行されたことを書きましたが、「天引き」によって税の負担が増える場合があることもわかりました。低年金の後期高齢者がいる世帯は要注意です。一方、「天引き」を中止して、「口座振替」を申請すれば負担軽減出来る場合があるということです。。

 「天引き」がなぜ増税につながるのか。

 例えば、国民健康保険に入っている自営業者の息子夫婦が、後期高齢者の両親を扶養している世帯の場合。
 今年3月までは、両親も国保だったので、世帯主の息子が家族4人分の国保料を負担していた。これは息子の所得から控除(社会保険料控除)できました。
 ところが、4月から両親が後期高齢者医療制度に移り、保険料がそれぞれの年金から天引きされるようになりました。
 すると、両親の保険料分は、実際には息子が負担していても、息子の所得から控除出来なくなります。天引きでは〝両親が保険料を負担した〟とみなされてしまうからです。
 息子の所得から両親の保険料分を控除できないと、課税される所得が多くなり、余計に税金を負担することになります。

 保険料の年金天引きをやめて口座振替にするには、市役所への申請が必要です。手続きには時間がかかります。天引きは2カ月ごとに行われます。10月から天引きをやめるには、8月上旬ごろまでに申請することが必要です。

 次から次へと問題がおきてくる制度。大本は75歳という年齢で、別々の医療保険制度に切り離したことにあります。
 これを解決するには、年金天引きの部分の見直しなどではなく、制度そのものを廃止することが必要です。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-27 20:14 | 国政だより

後期高齢者医療制度「保険料の天引きを振替に変更」が可能に   

 拡がり続ける国民の怒りを受けて、見直しを迫られている後期高齢者医療制度、保険料の天引きの代わりに口座振替での納付を選択できるようにする ための制令が、25日に公布・施行されました。政府・与党が6月にまとめた「見直し策」に基づくもので、部分的な手直しで批判をかわし、制度の延命をはかる狙いです。
 年金天引きから口座振替への変更ができるのは ①国民健康保険料を過去2年間、滞納せずに支払っていた人 ②年金収入が年180万円未満の人で、保険料を子ども(世帯主)や配偶者の口座振替で支払いする 場合です。
 厚生労働省は、過去2年間に滞納があった場合でも、やむを得ない事情であれば変更は可能としています。
 
 保険料の天引きをやめて口座振替にするには、市役所への申請が必要です。10月から天引きをやめるには、8月上旬までに申請することが必要です。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-26 15:49 | 国政だより

4野党「後期高齢者医療制度廃止法案」を参院に提出   

 日本共産党、民主党、社民党、国民新党の野党4党は23日、後期高齢者医療制度を廃止する法案を参院に提出しました。

 廃止法案は、後期高齢者医療制度そのものを廃止するためのものです。来年4月1日に同制度を廃止し、もとの老人保険制度に戻すとともに、それまでの緊急措置として、保険料の年金からの天引きを中止、保険料負担軽減を遅くとも今年10月1日までに実施することなどを盛り込んでいます。

 「現代の姥(うば)捨て山」と批判される後期高齢者医療制度。

 児童文学作家の松谷みよ子さんは「『姥捨て山』伝説は、全国各地で民話や伝承の形で伝わっています。〝棄老〟という悲劇だけでなく、長い人生を生きてきたお年寄りの深い知恵を大切にするという先人達の思いも込められているんですよ」と話します。

 野党4党が参院に提出した後期高齢者医療制度廃止法案は、年齢で医療を差別し、高齢者に過酷な負担を強いる同制度の害悪を、一刻も早くなくすことを目指しています。

廃止法案のポイントはこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-05-24 18:16 | 国政だより

国連の「障害者権利条約」が発効しました   

 国連の「障害者権利条約」が5月3日、発効しました。発効に必要な批准国が20カ国に達したためです。
 
 一昨年12月の国連総会で採択された同条約には百を超える国が署名をしており、日本政府も昨年9月に署名しました。そして、批准に向けて準備作業を進めています。

 障害者の人間らしい生活と権利を求めるねばりづよい運動が、障害者権利条約制定の流れを作り出し、日本でもいま政府を動かすまでになりました。

 条約の批准は当然ですが、政府にいま求められているのは単に批准すればよしとする態度ではなく、障害者の権利保障をうたった条約に違反するような現状を早急に是正することです。

 傷害のある人の自由と権利を豊かに実現するために、自立支援法の抜本的見直しと障害者法制・施策を国際的な水準に改善させるための世論と運動を大きく発展させることが重要です。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-05-09 09:05 | 国政だより

志位委員長、胡主席と会談   

 日本共産党の志位和夫委員長は7日、都内で中国共産党胡錦濤国家主席と会談しました。双方は日本共産党と中国共産党の新しい関係の強化について確認しました。
 志位委員長は、「この10年間、日中両国関係がどんな局面にあるときでも、日中両党関係が良好に発展してきたことが、両国関係の発展に寄与したと思います」と述べつつ、「今後の10年間を展望して、両党関係を発展させたい」として、三つの分野での交流・強化を提起しました。

 第1は、日中両国関係の発展に寄与すること。
「日中関係5原則」(※)を堅持し、「両党関係の発展が、両国関係の発展をより豊かにするうえで寄与となるよう力をつくしたい」

 第2は、世界とアジアの平和のための協力。
「北東アジアの平和体制の構築、地球規模での核兵器の廃絶、地球環境問題などで突っ込んだ意見交換と可能な協力をはかりたい」

 第3は、条件は異なるが、社会主義、共産主義を目指す政党としての協力。
「長期的な視野で両党の理論交流を発展させたい」

 これに対して胡主席は、「中国共産党は、双方が確認した原則に基づいて、日本共産党との新しい型の陶関係を発展させ、交流・協力を強化したい」と語りました。
(5月8日、しんぶん「赤旗」報道より)

More「日中関係5原則」はこちら
[PR]

by syunsukem1m | 2008-05-08 13:11 | 国政だより

自民に再検討議連が発足(後期高齢者医療制度)    

 17日、自民党衆参両院議員有志41人が参加して、「後期高齢者医療制度」について再検討する議員連盟「後期高齢者医療制度を考える会」が発足したという報道がされています。

 18日、それを受けて町村官房長官や伊吹幹事長が、それぞれ議員連盟の立ち上げを強く批判し、党内の動揺を抑えるのにやっきになっています。
「法改正は2年前。いま大きな声を出している方はこの重要政策を理解していたのか。ご本人の不勉強なのではないか」
「政権与党の矜持をかなぐり捨て、民主党が何かいったから、同じようなことをペラペラしゃべるのはどうかと思う」

 党内から飛び出してきたこの造反、さてどうするのでしょうか。

《与党議員も「しまった」》 (しんぶん「赤旗」記事より)

 「後期高齢者医療制度については、与党の方々も大変な混乱を起こしている」
 福田康夫首相が「一生懸命説明して理解してもらう」という一方で、説明に当たるはずの与党議員でさえ同制度を理解していない実態が、17日の参院厚労委員会で明らかになりました。
 冒頭の発言をしたのは自民党の西島英利議員。続けて「それ(理解)を国会議員に求めるのは酷だと思いまして…」などと述べました。お年寄りには問答無用で耐え難い負担を押し付けておきながら、なんという無責任さでしょうか。とはいえ、自民党内ではこの日、制度の見直しを求める議員40人が会合を持つなど、〝混乱〟はさらに広がる気配です。
 ある自民党若手議員いわく…
「お年寄りが泣いているところをみて、あー、しまったなあと思っているところ。つらいです」
 こんな制度、廃止するしかありません。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-04-19 16:57 | 国政だより

いよいよ15日から保険料の天引きが始まります   

 いよいよ15日に振り込まれる年金から、後期高齢者医療制度の4・5月分の保険料が天引きされます。国民年金の低年金の方からも問答無用の天引きです。9日から、天引きされる保険料額を知らせる通知が発送されていますが、受け取った人から不安や不満が出てくることは必死です。
 この年金からの天引き方式は、ますます拡大していきます。政府は、介護保険料、医療保険に加えて、来年10月から、住民税まで年金から天引きすることもねらっています。
 現在、参院で法案(地方税制改定案)が審議されています。
 〝手間をかけずに確実に徴収できる〟とばかりに、年金からの取立てを拡大しようとするものです。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-04-13 18:56 | 国政だより

長寿医療制度って?   

 4月1日、「後期高齢者医療制度」が実施されました。この75歳以上の高齢者を差別した医療制度にたいする怒りの前に、政府・与党の迷走が続いています。

 1日の閣僚懇談会で、福田首相が突然「『後期高齢者医療制度』というネーミングがよくない」と発言したため、大慌ての厚労省は、後期高齢者医療制度の通称を「長寿医療制度」とする発表しました。

 これには、「発足の日に突然通称をこうしますといわれても」と制度を運営する都道府県の広域連合も困惑を隠しきれません。

 今後の文書は「長寿医療制度(後期高齢者医療制度)」と記述をすることになるようですが、呼び名を変えることで差別医療の内容が変わるとでもいうのでしょうか。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-04-04 19:39 | 国政だより