広島は被爆63年を迎えました   

 広島は今日8月6日、アメリカによる原子爆弾投下から63年を迎えました。
 8時15分、防災無線から流れるサイレンに合わせて、世界の恒久平和と原子爆弾投下による犠牲者の方々の冥福を祈って黙祷を捧げました。

 広島では、8月4日から〝世界から核兵器廃絶のうねりをつくりだそう〟をテーマに、原水爆禁止2008年世界大会・広島総会が開かれています。海外代表や日本全国から6800人が参加しています。

 国民平和大行進(和歌山コース)が去る6月10日、尾鷲市を通過しました。「恒久平和」を願う尾鷲市、尾鷲市議会からのメッセージ・ペナントも、8月4日、広島の平和公園で行われた平和大行進集結集会に届きました。

 B29「エノラ・ゲイ」が投下した原子爆弾は、広島市上空約58mで炸裂。数千度の熱線・爆風と放射線が市民を襲いました。たった一発の爆弾で、当時の広島市民の4割、約14万人の命が奪われたのでした。

 生き残った人や原爆投下後に捜索や救援のために入市した人も、放射線などの被害に苦しめられ、いまなお多くの人々が入院や治療を余儀なくされています。現在被爆者健康手帳を持つ被爆者は、24万3千6百92人もいるのです。平均年齢も75歳と高齢化が進んでいます。

 被爆63年を前に、被爆国・日本の運動と、国連、各国政府、NGO(非政府組織)、草の根の市民組織など世界から広く参加して開幕している原水爆禁止世界大会。2010年の核不拡散条約(NPT)再検討会議を控え、世界で核兵器廃絶の運動をどう強めていくかが話し合われます。

 今年の原水爆禁止世界大会は、国連軍縮問題担当上級代表が、初めての国連代表として参加したことにも注目が集まっています。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-08-06 11:39 | 国政だより

<< 「平和のための戦争展」が開かれます 「安心プラン」掲げた日に、社会... >>