「安心プラン」掲げた日に、社会保障バッサリ   

 安心して医療が受けられるなど「五つの安心プラン」を発表した福田自民・公明内閣。同じ日に、社会保障関係費の自然増分を2,200億円抑制することを盛り込んだ2009年度予算の概算要求基準を閣議了解しました。

 まるでブラックジョークです。

 小泉内閣以来の「社会保障関係費抑制路線」に固執し続ける自民・公明政権。09年度は介護や雇用などの改悪が狙われ、いっそうの社会保障破壊を引き起こすことになります。
[PR]

by syunsukem1m | 2008-07-30 10:01 | 国政だより

<< 広島は被爆63年を迎えました 後期高齢者医療制度 保険料天引... >>