赤城農水相が辞任   

 事務諸費問題をはじめ「政治とカネ」の疑惑で国民の政治不信を頂点まで高
めた赤城農水相が辞任しました。

 辞任の理由は、「参院選で私に関するさまざまな報道があり、与党の敗北の
一因になった。大変申し訳ない」「与党の仲間に迷惑をかけた」というものです。

 実体のない政治団体の巨額の事務所経費問題対する疑惑は、選挙中にもさ
らに拡大し、政治団体の政治活動の報告でコピーした領収書を悪用して経費の
「二重計上」をしていた問題までとびだしました。

 国民への謝罪は一言もありません。自らの行為に対する反省も一切ありませ
ん。

 阿倍首相は、参院選前、「(高熱水費)たった800円の人を辞めさせるんです
か」とテレビ討論でのべるなど、異常なまでに赤城氏をかばいつづけました。

 阿部内閣のわずか10ケ月で、閣僚交代は4人に上っています。

 「赤城氏を切れば終わり」は通用しません。

 首相自身の責任を明確にすべきです。
[PR]

by syunsukem1m | 2007-08-02 09:21 | 国政だより

<< 台風一過「おわせ港まつり」 全員協議会で尾鷲港港湾計画が示... >>