介護保険の改悪   

 野田内閣が執着する「社会保障と税の一体改革」の具体像がいよいよ浮かび上がってきました。
 介護の分野で民主党の最終案は、「給付の重点化」の名で特定の人を標的にして利用料アップを進め、サービス利用を抑制する方向を示しました。そのための法案を来年の通常国会に提出することを検討する方針です。

  [介護保険の改悪メニュー例]

 ・要支援1・2の人      利用料1割→2割
 ・要介護1・2の人      施設利用料アップ
 ・年収320万円以上    利用料1割→2割
 ・資産をもつ低所得者   施設利用料を死後精算
 ・ケアプラン作成      無料→月500~1000円
 ・2~4人部屋の室料   月8000円アップ

 ・生活援助の時間     基本60分→45分
 ・65歳以上の保険料   月平均5000円にアップ

 
[PR]

by syunsukem1m | 2011-12-27 11:25 | 国政だより

<< 保険料大幅引き揚げ 政党助成金を交付 >>