世界平和7人委員会がアピール   

 明日8月9日は、長崎に原子爆弾が投下された日です。

 「世界平和7人委員会」は7日、世界で核兵器廃絶への期待が高まっているもとで、その実現に向けて被爆国・日本が具体的行動を行うべきだと呼びかけるアピールを発表しました。

 アピールは、日本政府が核兵器に依存する政策を取り続けるなら「世界の潮流に逆行する」と指摘。6月に衆参両院で全会一致で可決した核兵器廃絶の取り組み強化を求める決議にふれ、「日本は、核に傘に依存しない安全保障体制に直ちに移行しなければならない」と訴えています。

 日本政府と国民に対しては、①核兵器の持ち込み禁止を明確に含めた非核三原則の再確認②東北アジアの非核兵器地帯の樹立を目指す積極的行動③核兵器禁止条約締結への貢献などの速やかな実施を呼びかけています。




      世界平和アピール7人委員会

 ノーベル賞受賞者の湯川秀樹博士らが参加して1955年に結成した、知識人による意見発表の会。日本国憲法の平和主義にもとづく訴えや、核兵器廃絶の呼びかけなどを行ってきました。

 現在の委員は、武者小路公秀(国際政治学、大阪経済法科大学教授)、土山秀夫(医学、元長崎大学学長)、大石芳野(フォトジャーナリスト)、井上ひさし(作家)、池田香代子8ドイツ文学翻訳家9,小沼通二(物理学、慶応義塾大学名誉教授)、池内了(宇宙物理学、総合研究大学院大学教授)の7氏
[PR]

by syunsukem1m | 2009-08-08 20:01 | 国政だより

<< 18日(火)より第2回定例会が... 原爆症認定訴訟に朗報 >>