原爆症認定訴訟に朗報   

 8月6日、原爆症認定訴訟をめぐり、大きな進展がありました。それは、麻生太郎首相が広島市で原告団らと「一審で勝訴した原告を原爆症と認定し、原告にかかわる問題の解決のため基金を設ける」などの内容で確認書を締結しました。

 原爆症認定訴訟では、国が19連敗しています。確認書は被爆者の運動と裁判所の判断に押され、敗訴した原告を含め全員の救済への道筋をつけた者です。政府が合意を誠実に実行するとともに、抜本的な被爆者救援につなげていくことが求められています。

 被爆者の願いは国による救済とともに、核兵器そのものを地球上からなくすことです。政府が廣島、長崎の惨状を直視し、被爆国として核兵器廃絶の責任を果たすことが、いよいよ求められます。
[PR]

by syunsukem1m | 2009-08-07 09:04 | 国政だより

<< 世界平和7人委員会がアピール 生活文教常任委員会が管内視察 >>